いろいろ雑記帳

ドラマ、動画を観た感想

流星花園のエルサ

 

violinyuri.hatenablog.com

 

前にエルサについてブログ記事を書きましたが、いまYouTubeを見ていたらエルサの最新情報についての動画を見つけてしまいました。

 


Remember YE SHA of METEOR GARDEN? This is her LIFE NOW! 😘

 

どこを検索してもヒットしなかったのですが、ご結婚されてるんですね~。

 

お元気そうでなにより。

 

 

 

 

愚痴っていいですか…

って期待しないでくださいねー。笑える話じゃないんで。

 

愚痴を聞きたくない方はここで読むのをやめてくださいね。

 

久しぶりに「毒親」カテゴリーで日記書いたわ。

 

 

 

 

 

このブログでもちょいちょい書いているんですが、また母がヒステリーを起こしました。

 

どこかに書いておくとのちのちなんかの役に立つかと思って書いています。

 

前もね、母がヒステリー起こしたときに、ジェリーのドラマを見たんだった。そういえば、そのときは『星に誓う恋』をみて余計にくらくらしたんだった。

 

violinyuri.hatenablog.com

 

 

 

半年に一回ぐらいですかね。母が爆発するんですよ。

 

半年に一回って微妙な線で、もっと多ければ多大な犠牲を払ってでも出ていくとかあるんだけど

 

むしろ次の日あたりに上機嫌になってうやむやになるってパターンで。

 

しがらみとかもあってなかなかふみきれない。根無し草になるのが怖い。

 

もうね。いくら言っても治らないから。

 

母は私のことを「イライラしたときのためのサンドバッグ」扱いしてるんですよね。

 

っていうことをこのブログに書く。

 

 

で、昨日そういうことがあったんですが、今日になって

 

いつものようになんかストレス性のめまいというか、貧血状態になって

 

頭に血がいかなくなるのかな?なんか座っていられなくなって仕事を途中でやめて

 

横になってました。で、いま夕方。

 

ふう。

 

で、今回は朝からヒカキンさんの猫動画とますおさんの猫カフェ動画を見ていました。

 

こういうときに見ると家庭的な雰囲気を味わえて癒されるヒカキン動画。

 

ってこういう理由でヒカキンさんの動画を見ている人ってほかにいるんだろうか。

 

ちょっと声を出して泣きながら見ちゃったよ。

 

ヒカキンさん、家族と友人に恵まれているところがすごくうらやましい。

 

収入がうらやましいのはもちろんですけど、家族と友人が基本だから。私はその基本さえなってないから。

 

家族とご友人に恵まれていることだけがうらやましいと思いました。

 

と、いうことで今日は愚痴日記でした。すみません。

 

ついでに、ヒカキンさんの猫動画の英語字幕もつけて投稿しちゃいました。

 

動画の猫に癒された。あー、こういうときに無心でなにかに没頭していると気が静まる。ささくれだった心がほぐれる。

 

よかった、ボランティアでも字幕つける作業ができて。

 

どなたか審査してアップロードしてくれないかな。

 

と、いうことで今日はこういう愚痴日記でした。

字幕が反映

MasuoTVの動画につけていた字幕、日本語字幕ですが、ぼちぼち反映されはじめてきてうれしい。英語字幕はまだなんですけどね。

 

審査してくださった方、ありがとうございます!

 

自分もほかの方の動画、審査してるんですけどね、そうすると、だれかが自分の動画も審査してくれて公開される、っていう循環になるから

 

どんどん字幕作成に協力していった方がいいですね。

 

ってボランティアなんでほどほどに、仕事に支障のない程度に、ですけど。

 

観てみると、MasuoTVには全然字幕がついてる動画ないんですね。っていうかヒカキン動画も字幕ついてるのそれほど多くないですし。無料奉仕だからしょうがないか?

 

なんか、自分が面白いと思う動画は「この動画は私のもんじゃーーーーー!!」ということで、他の人に取られる前に自分が字幕をつけたい!と思って急いでやってしまいます。

 

っていうか今のところ選び放題なんですけどね。

 

 

このブログ、最近、ヒカキンさんの動画に関するブログ記事しかアップしていないんですが

 

みごとに、アクセスはジェリーとジョンフンの記事のみに集中…

 

「ヒカキン」で検索してくる人、だれもいないんかーーーい!ということで。

 

私は去年、ジェリーにファンレター送って、震災のときのお礼が言えたんで

 

それで満足してます。気が済んだし、新作もないし、いままでの作品を繰り返し観て

 

それで満足。(ってそれではファン失格か?)

 

 

ということで、いまはMasuoTVの字幕が楽しい、っていうことで、たまに審査依頼がくる動画で、おそらく外国人がつけた字幕の誤字を見つけるのがけっこう面白い、ということではまっています。

思い出した

備忘録で書いてます。すみません~。

 

はまるほどのきっかけにはならなかったけど、ヒカキン&セイキンさんの動画は過去にちょいちょい観てました。

 

で、思い出したのが、ジェリー・イェンの『マジック・キッチン』で、ジェリー演じるクーリーがペプシホットケーキミックスでケーキを作るシーン。

 

violinyuri.hatenablog.com

 

 

あれ見て、レシピを探していてセイキンさんの動画にヒットしたんだった。映画ではコーラじゃなくてペプシだった。

 

www.youtube.com

 

すみませんー。このときセイキンさんを見て、見た目でチャラそうと判断して、これ以上はまることなく終わりました。

 

実際のセイキンさんは、動画をたくさん見た感想で折り目正しくて清潔感の塊!という方なのに

 

どうもねー、一番最初に見た印象が「見た目がチャラい」というものだったから見るのを避けてしまっていた。東京によくいるタイプの口だけ達者で軽薄な感じの人かと思った。よくいますよね、、不動産会社の営業とか苦手。

 

見た目が軽そうなのに実は硬派な感じの人でした。

 

なぜ実は硬派なのにチャラそうと見えてしまうか考えてみたんですけど、セイキンさんのあの細眉、眉の整え方、眉毛の薄さ、細さ、角度にあるのかな、と思った。 

 

Youtubeの字幕作成に協力

ちょいちょい前の動画に書いていますが、Youtubeの字幕作成に協力しています。

 

ボランティアで。

 

でも楽しい。若い頃、字幕翻訳者を目指していたんですが、なんか生活に追われて「夢を追う」ということを忘れてしまっていました。疲弊してしまっていた。

 

自分なんか無理無理、っていう自己評価の低さもありましたしね。映像翻訳スクールの修了時にはAを取れたんですが、そのあと進級はせずに、(まあ体調不良で東京引き払ったんですが)字幕翻訳のことを忘れていました。

 

と、いうことで、久しぶりに味わうこの感覚。いまの仕事は仕事としてやってて、「楽しい」と思うこともなくなっていたなと気づいてしまった。仕事覚え立てのころは覚えることたくさんで楽しかったのにな。いつのまにか神経すり減らして仕事してました。

 

まずい。

 

仕事のことを詳しく書くのはやめよう。愚痴になるわ。

 

と、いうことで、ボランティアではありますが、自分が好きな動画に日本語字幕と英語字幕をつけています。

 

でもですねー、私が字幕つけてる動画作成主(MasuoTV)って特に字幕の設定してないんじゃないかなー。昨日、ほかの動画に字幕を付けたら今朝「協力ありがとうございます」のメールが来たのに、MasuoTVからは2週間たっても何もこない。字幕の設定何もしてないのかなー。勝手に字幕投稿しちゃってますけどいいのかな。

→あとでMasuoTVからもメールきました。というよりYoutube自体からくるみたいですね。それぞれの動画主からではなく。

 

といいながら、「協力ありがとう」メールの動画主からも、字幕を投稿して「協力ありがとうございます」メールはきたけどそのあと放置、、、ってなるパターンかも。メールの文面を見ると、何人かの審査を経ないと公開されないって書いてあるし。「何人か」っていうのが超えられないハードルなのかもしれない。

 

※仕事のアカウントとプライベートのアカウントをわけているんですが、まさかの、自分で字幕を投稿した動画が、別のアカウントの「協力」タブに表示されるっていうね。で自分でチェックして誤字直してまた投稿して。で、また別の人にチェックしてもらって、問題なければ公開って流れみたいです。

 

MasuoTVは字幕協力の人が少なすぎて公開までいかないのかもしれない。英語字幕が出てるの見たことないし。

 

MasuoTVはコメントを見ると英語圏の人が面白いっていってるんですよ、マスオさんの顔立ちがかわいいので好印象、っていうのもあるみたいなんですけど。あと、実験系の内容で。で、コメント見て字幕への需要があるのに全然字幕ないんで、じゃあ、っていうんで初めて字幕に取り組んでみたんですけど、公開ってされないんですかね。何本か投稿しても放置状態です。

 

動画観てたらマスオさん、カナダにワーホリに行ってたということなんで、自分で字幕付けて海外の人にアピールしたらもっと再生数増えるのになんでしないんだろう、って他人事ながらなんかもやもや(いらいら)する。実験系の動画が面白いってコメントがあるのになんで字幕付けないんだろう、ってその欲のなさみたいなのが不安になるというかいらいらするというか。私は何者っ。

 

なんか今朝、一瞬Youtubeのデザインが変わったみたいなんですけど、(追記:8/22は元に戻ってました)

「クリエイターズツール」で「協力」のタブを見るとちょいちょいいるんですけどね。動画の字幕をつけている人。主に日本語字幕と中国語字幕。で、審査待ちの動画がランダムに表示される。私も、ほかの方の字幕をチェックしたりしています。

 

おもしろいんですよ。他の人の誤字とか見つけるの。なんか、日本語字幕をつけてるのも日本人じゃないっぽいんですよ。で、日本人だったら絶対にしないような誤字があって。そういうのを見つけるのが宝探しのようで面白いんですよね。だいたい完璧なのに、何カ所か誤字ってるとちょっとうれしい。

 

いま「協力」タブに表示されてるのが、日本語から中国語なんで、ネイティブチェックできねーーー!って感じで放置状態です。この動画は他の人にもランダムに表示されてて、「やりたい」と思った人がチェックする、って感じみたいです。

 

自動生成される翻訳も「とんでも字幕」ができてて面白い。で、いま資格取得の課題とかあって

 

仕事もあってちょっと時間がないのに、こういうときに限って「字幕作成やりたいわーーーー」ってなって目を赤くしてパソコンに向かっています。

 

やっぱりこっちの方が楽しいので、将来的に字幕の勉強を本格的に再開しよう。危なかった。最近、弱気になってたので映像翻訳は諦めようと思ってたけど、Youtubeのおかげで若いときのパッションを思い出したわ。ありがとう、Youtube。諦めて堅い職業の資格を取ろうと思って勉強してますけど。でもやっぱり。たとえボランティアでも字幕は面白いのでちょっと続けてみようと思います。自分の気持ちが喜ぶことをしないとね。二足のわらじでいきます。

 

エンタメ系が好きなんだな、私。エンタメ系が好きなのに、違うことをやってるからなんかしんどいんだわ。気持ち的に。

 

と、いうことで、Youtubeでは何人かの審査を経ないと公開されない、ってことなので、自分も画面右上のユーザーアイコンをクリックすると選択できる「クリエイターズツール」を開いて、他の人の動画の字幕をせっせと修正したり確認したりしています。そうすれば、相乗効果で自分の字幕もだれかチェックしてくれるかもしれないし、公開待ちの字幕がたまってくれば、動画作成主が動いてくれるかもしれないし。

 

ってことで、審査する人、動画作成主さん、気づいて~、という感じです。

 

 

 

 

私が一番最初に観たヒカキン動画

はいー。

 

ジェリー・イェンのドラマにはまったときと同じく、はまるととことんはまって観てしまう。

 

お盆中もYoutube観てました。

 

ヒカキンさんについてけっこうこのブログで書いているんですが、アクセス数はジェリー・イェン関係にいま集中してますね。

 

やっぱり、時期的に。年1のファンミだから。

 

ヒカキン動画のコメントを見てると、「この動画で初めてヒカキンを知ったんだった…」みたいなのが多くて

 

一番最初に観た動画を覚えてるってうらやましい…と思って、履歴を確認してみたんですが

 

1ヶ月前のは残ってないみたい。

 

ということで、ヒカキン動画を観たきっかけである、セイキンさんの動画、

 

violinyuri.hatenablog.com

 

ここから、「あ、そういえばヒカキンさんって親戚の子がゲーム動画観てたわ、ちょっと観てみるか」、ってなって観てみたのが始まり。

 

で、何が一番最初だったか忘れてたんですけど、振り返ってみて「そういえばこれだった!」と思い出しまして

 

www.youtube.com

 

たぶん、これです。

 

このサムネを見て「あー、ヒカキンさんって猫派なんだー」って思って観てみたら、感じのいい落ち着いた話し方だったので、いろいろ他のを見始めたんだったかもしれない。

 

最初はね、古い動画から観ました。だから思ってたイメージと違って若くてさわやかで意外だった。

 

もっとね、視聴率稼ぎでキャラ作ってんのかなと思ったら、全然そんなことなくて

 

初期の頃は飾らなくて素朴で素敵なおにーちゃんだったなって。(あ、いまも素敵だと思ってますよ)

 

テレビってね、リアクション芸とかワイプの顔とか、さんまさんの「そんなうまいわけないやろー…うまい!」とか一種の芸になってて

 

食レポでもみんな似たようなことを言うし、みんな変わり映えしないですよね。

 

視聴者を白痴化してるっていうかね。

 

Youtube動画ではそのテレビ業界の常識にとらわれてなくて本音で食レポしてて新鮮でした。

 

テレビみたいに視聴者をバカ扱いしてないっていうか。テレビだと、「このレベルで笑うんだろ、お前ら」って言われているような気がする。だからテレビ離れになってるんだって気付け、テレビ局。

 

何回も言ってるけど、私が子供のときに観たお笑い番組ってもっと大人向けで面白かったように思う。欽ちゃんとかね。 だれも傷つけない笑い。

 

視聴率気にしすぎて面白い番組作りができていない。聞いたことあるけど、テレビっていうのは小学校4年生ぐらいの子が面白いと思うものを基準に作ってる、っていうから。万人受けするようにね。

 

いまのテレビはねー、ほんとに。私テレビ好きな方でしたけど、いつのまにか面白くないって思うようになってました。観る必要ないなって。出てる芸能人も小粒で、小遣い稼ぎ感覚で出ている人が多いように思う。ひな壇に出てるような人ね。専門家でもないのにコメントしてるような人ね。伝えたいものがなくてバイト感覚でいい小遣い稼ぎ、って思ってる人しか出てないから面白くないんだろうな。

 

 

ここでセイキンさんの動画を観た感想も書くと、最近、よく観てますがSeikinTVもおもしろい。

 

実験系というか、これやってみた系。

 

上に貼った過去記事のサムネでも思ったんですが、セイキンさんって顔が不健康そうじゃないですか。


で、目の下にクマができてるから、生活態度が乱れてたばことかも吸っててー、というイメージだったんですけど

 

違った

 


全然。実際はクリーンな方でびっくり。

 

小室哲哉系の顔してるじゃないですか。ちょっと病的な。(って小室哲哉ディスる


でも実際は全然そうじゃないから、見た目のイメージと真逆の内面で、クリーンで健全で折り目正しい方でびっくりしました。

 

なんなんでしょうかね。セイキンさん、色白なんだけど肌の色つやって言うか、なんかハリがないのかな?いつも白粉をはたいたような肌の質感で色白できれいだなと思ってますけど、ちょっと不健康そうに見えるのはなぜなのか。ヒカキンさんはあんなにパツンパツンなのに。

 

と、いうことでなんだかヒカキン&セイキン兄弟って見た目のイメージと違ったなという感想です。

 

前にYouTuber集結して渋谷でゲリラライブ!っていう動画を観たんですが

 

あの中でもヒカキンさん、セイキンさんだけなんか格が違うというか、保護者のような雰囲気は感じました。

 

他の人たちは若くてやんちゃで、ぶっちゃけていうと有象無象、って人ばかりだったんですが。

 

このまま管理職コースを歩んでYoutubeを牽引してほしい。

 

親戚の子も観てますしね。日本の良心として活躍してほしいです。

毒親育ちが観ると

毒親育ちが観ると泣く映画、『となりのトトロ』。

 

…私だけ?

 

となりのトトロ [DVD]

となりのトトロ [DVD]

 

 

数年前に父が死ぬまで父に怒鳴られたことしかない私は

 

この映画を観るたびメイのお父さんの優しい声を聞いて大泣きしてました。

 

自分の親と正反対なんで。 

 

もう実家から出て一人暮らししてるのに、父に怒鳴られる夢見て泣きながら目が覚めたりしてた頃。

 

20代前半から30代にかけて毎年観て、夏に放送されてるトトロ観て毎年泣いてたな。

 

ふつうの人と泣くポイントが違う!つーか泣くような映画じゃないこれは。

 

メイとさつきに感情移入して、自分の子供時代との違いを感じて愕然とする、っていうのもあるし

 

自分の親とのあまりの違いに愕然とする、っていうのもあって泣いてました。

 

最近、だいぶふっ切れてきて大泣きすることはなくなりましたけど。

 

でも若いときのつらさを思い出して目の奥がじわっとくる。

 

この年齢になるまでトラウマを克服できなかった奴。

 

父が死んで楽になりました。

 

同じような方、いらっしゃいますかーーーー?

 

 

ものすっごい好青年

www.youtube.com

 

ヒカキン動画にはまって1ヶ月たってません。

 

顔だけは知っていたマスオさん。顔だけ見てチャラそうだなと思って見るのを避けていましたが

 

ヒカキンさんとのコラボをきっかけに「あれ、いい人じゃん?」ということで見始めた

 

MasuoTV。

 

ということを前回書きました。

 

で、前から思ってたんですけどマスオさんって

 

ものすっごい好青年。

 

youtubeでは炎上キャラらしいですが、なぜたたかれるのかわけわからん。ネットの世界って不可解ですねー)

 

自分がおばあさんでこんな孫がいたら幸せだわーーー、、、というような好青年。

 

この動画みてちょっと泣きそうになったもん。

 

 

それにマスオさんの実家のお盆って日本の原風景って感じですごくいいですね

 

ってうちの田舎もこんな感じですけど。。

 

 

ど田舎育ちの人っていいですね~。ほっとするわ。

 

だからヒカキンさんもマスオさんも人気があるんだろうな。特に子供に。

 

いまどきのチャラい若い人たちとは一線を画していますね。

 

おかあさんといっしょとかに出てほしいわ、と思うぐらいの好青年です。

 

もっと人気が出てもいいのに再生回数みるとそれほどでもない。

 

私は漫画のキャラでいうと主人公じゃなく二番手三番手を応援したくなるタイプなんで

 

Masuoさんをもっと応援しよう。

 

いやでもヒカキンさんの方がちょっと好きかな。同じぐらいファンですかね。

 

応援の意味で動画の字幕を投稿したりしてますがまだ反映されてません。だれか私の字幕を審査してアップロードしてくれ~

 

最近はまっている動画

www.youtube.com

 

ちょっと前からヒカキンさんの動画にはまってみていたんですが

 

このマスオさん、顔がなんかチャラい系かなと思って見るのを避けていたんですけど、

 

上のヒカキン動画のコラボをきっかけにMasuoTVを見てみたら

 

面白いっ

 

まあ、こんな赤字で大書するほどではないけど、ふつうに面白いです。

 

私が好きなのは「~やってみた」系。小学校の自由研究みたいな。

www.youtube.com

 

ヒカキンさんの最近の動画が、フルスペックのMacを買うとか、

 

ヴィトンのトランクに1400万とか、庶民にはついていけない金銭感覚を感じるのですが

 

マスオさんはいい意味で庶民。まあ、Youtuberなんで庶民ではないんでしょうけど

 

ヒカキンさんみたいに狂った買い物はしない。

 

いやヒカキンさんも動画を面白くするために買ってるんだと思いますけど、もちろん。

 

結果的にヒカキンさんの方が再生数多いしね。

 

でも、お金かけなくてもおもしろい動画は撮れる。(再生数はヒカキンさんの方が上だけど)

 

感じがいい人ですね。セイキンさんに続き、

 

チャラそうと思っててすみませんでしたっ!!

 

って感じで。小学生がそのまま大人になったような人ですね。

 

いったいなんなんでしょうか。ヒカキンさんの周囲にいる人たち。

 

同級生も、有名Youtuberから毎日動画アップのお知らせ届いたら祭りみたいなテンションになるんじゃないでしょうか。

 

(自分の周りに有名人になった人っていないからテンションがわからないけど)

 

と、いうことで、チャラそうに見えていたマスオさんも、さすがヒカキンさんの幼なじみだけあってすごいいい人。

 

私が東京にいた頃にこういう動画があったら救われてたかもしれない。

 

「田舎にいたときの気持ちのままで東京で生きてもいいんだ」と励みになっていたかもしれない。

 

なんか東京に染まろうとして肩肘はって頑張ってしまっていた自分がいました。

 

会社の風土っていうのもあるしね。なじもうなじもうとして無理していた。

 

 

ここ何年か、テレビはあんまりちゃんと見ていなかった。

 

たまに二宮君が出ているドラマはしっかり観る、とかあったけど。

 

フリーランスで家で仕事をしていると、「世間から隔絶されてる感」があるんで

 

世間とつながっていたいから、ちゃんと見なくてもニュースとか情報番組とか流して

 

世間とつながった感じを味わいたい、っていうのはあって見てました。

 

だけど、ヒカキン動画を観るようになってから、テレビって見なくてもいいんだな、って気になってます。

 

けっこうテレビがなくても生きていける。

 

テレビよりYoutube動画の方が面白いこともあるからね。

 

というか、テレビだとスポンサーとかテレビ局の上層部の意向とかあって最近は情報がゆがめられてると感じて

 

テレビを信頼しないようになっているんです。新聞も。政治がらみね。

 

でも、動画だとそういう政治的な偏向報道を観る必要がなくて

 

純粋にそのYoutuberがやりたいことだけやってるから変な情報が入ってこなくていい。

 

再生回数伸びなかったらスポンサーが降りるだけだし。

 

いいなー。

 

でも時事に疎くなる、ってのはありますね。 

 

それに、15年前ぐらいからかな、テレビに出る人が小粒のお笑い芸人ばかりになった印象がある。

 

いつテレビつけても同じ面子。大御所があんまり出てこない。

 

スポンサーが降りて予算が少なくなったから小粒の芸人が出るようになった。

 

で、アラフォーの女芸人をおばさん扱いすることで「笑い」にする芸、みたいなのを「笑い」だと勘違いしている芸人ばっかりになった。

 

見ているこっちは嫌な気持ちになるんで、テレビ見なくなって

 

ドラマばっかり見るようになってたけど、実はYoutubeがこんなことになっていたとは知らなかった。(遅)

 

上に書いたマスオさんも、部屋を間違えて入ってこられそうになった女性にも敬語使ってて、「いい家庭で育ったんだな」と感じる。真相がはっきりしないのに犯人扱いしちゃいけないっていう気遣いを感じる。

 

ヒカキンさんの名前だけは以前から知ってたんですけどね。親戚の子がゲーム動画観るんで。

 

でも私は別に気にしたことなかったし。他のYoutuberのことも全然知らなかった。

 

やっぱりYoutubeは若い人が見るんでしょうかね。

 

こういうYoutube動画を観ると、ナイナイの番組が打ち切りになるのもしかたないな、っていうか

 

年齢とかジェネレーション・ギャップというのもあるんでしょうけど

 

若い人はやっぱり若い人がやってるYoutubeに流れますよね。

 

ナイナイはおじさんですもんね。(私と同世代だけど)

 

ヒカキンさんだって、若いYoutuberの中に入ると大御所感すごいし。

 

そりゃ、はじめしゃちょーの方が若者ウケはするわ。

 

とはいいながら私はヒカキンさんの動画の方が好きですけど。

 

でも、「ヒカキンさん一派」というか、ヒカキンさん、セイキンさん、マスオさんの動画は

 

見ていて嫌な気持ちになることは全くないのでいつも見ています。

 

テレビ見ていると不快な言動する小粒芸人とかいるじゃないですか。騒ぐだけの芸人とか。あと、いつも同じ芸ばっかりする芸人。

 

「おきまりの芸」なんでしょうけど。いままでいかにそういう「おきまりの芸」に日本のテレビ界が支配されてしまっていたかわかった。

 

ダウンタウンの浜ちゃんがやってる、毒舌芸を小粒芸人が形だけ真似するから「失礼な人」になっちゃうんですよね。平成ノブシコブシの吉村みたいに。

 

ダウンタウンの浜ちゃんは「愛」があるから毒舌でもオッケーなんだけど

 

小粒の人がやると「愛」が足りなくてただ単に失礼な人になる。

 

 

Youtube動画はそういう意味で既成のテレビ業界の文化にはまってないというか、若手の独壇場というか、既定路線じゃない、っていうかね。

 

ヒカキンさんの動画を観て、意外と等身大、というか自然体で知的な動画(私から観ると、ですが)を撮っているんで想像と違って驚きでした。子供だましじゃないっていうか。もっと奇をてらってるんだと思ってたけど、意外としっかりした内容でした。

 

これが数十年たって、Youtubeもいまのテレビ業界みたいにしがらみだらけになったり

 

韓国資本が入ってバイアスかかった動画が配信されたらいやですけどね。いわゆる、韓国資本にむしばまれる、っていうやつ。いま私が思いついただけですけど。

 

マスコミも、在日資本に乗っ取られてるじゃないですか。もうダメですよね。完全撤退して別会社作った方がいいんじゃないかって思うぐらい。

 

Youtubeはいまのままでいてほしい。

 

Youtuberの第一人者がヒカキンさんで良かったな、というか、ここは最初の人がそのあとの流れを作るんで、ヒカキンさんみたいにしっかりした家庭で育った人が第一人者だったから、あとに続く人もちゃんとする、みたいな流れはありますよね。

 

テレビの倫理観の崩壊とえらい違い。というかYoutuberの中にも倫理観が欠けた人はいますけど。こっちが観なけりゃいい話。

 

と、いうことで、内容がない番組ばかりでテレビが面白くないなと感じていた昨今だったんですが(毒舌だな)

 

スポンサーの資金というのはテレビ界じゃなくインターネットに流れているのかなって感じました。

 

イケイケ

www.youtube.com

 

↑このヒカキン、別人か!と思うぐらいかっこよくないですか?まあサングラス補正もあるけど~。5:10のところ。

 

 

www.youtube.com

 

この頃のヒカキンってイケイケな感じがする。

 

と思って公開日付を見ていたら2012年だった。

 

最近じゃん!!!

 

若い人にとっての1年って大きいけど、大人になっている人にとって2012年って最近ですよね。

 

こんな短い間に変貌をとげるヒカキン。イケイケ男子から貫禄のあるトップyoutuberに。

 

私、体調をくずしたので、2008年からずっと家のパソコンで仕事していたのですが、

 

休憩中にyoutubeをよく見ていたけどヒカキンの存在知らなかった…!

 

というか、(日本語対応の) youtubeの歴史ってそんなに長くないんですね。知らなかったけど。

 

私が2008年のときに見ていた動画って、すごい初期のもの、ってことなのかな。

 

体調不良だったので、最初の頃は仕事をあまりしないで韓国ドラマをばーーーっと観ていた時期があって

 

そのドラマのオープニング曲を検索しているうちにJohn-Hoonの動画とかを見つけて見ていましたがそれが2008年以降。

 

ヒカキンさんの動画を観ていると、世界に向けて発信したボイパの動画は2007年、HIKAKIN TVは2011年からだから

 

youtubeの(日本における)歴史って浅いんですね。しかも私が見ていた動画 (ピとソン・ヘギョの『フルハウス』の挿入曲とか) もyoutubeが浸透し始めた時期にどなたかがあげてくださった動画ということか。

 

知らなかった。

 

アメリカのことはともかく、日本のyoutubeがここ10年で発展したものだとは。

 

私の世代はパソコンすら出始めで、IBMの初代Aptivaで香取慎吾くんがCMしてたデスクトップパソコンを最初に買ったんですけど、当時は電話回線につないでいたので

 

インターネットしている間は電話が受け取れないとか、従量制 (当時つなぎっぱではなかった) だったのでできるだけつないでいる時間を短くするために「オフライン作業」っていうのを選択してROMしていたとか、そういう時代でした。

 

ブラウザーNetscapeだったかな?ブラウザーの字も明朝体だったな。

 

ホームページもあんまりなくて、ブログとかはなくて、掲示板っていうのもそんなになかったと思う。私が知らないだけかもしれないけど。2ちゃんねるだって1999年開設でしょ、あ、あったのかその当時知らなかったけど。

 

パソコンからFAXを送る設定もめんどくさかった。

 

それが、パソコンを買い換えるたびに便利になっていって小型になっていって、電話線じゃなくLAN端子でつなぐようになっていって、デスクトップからノートが主流になっていって、メールの設定も簡単になっていって…

 

そ、そういえば初代Aptivaの頃はフロッピーディスクだった。

 

というか、大学のレポートはパソコンじゃなくワープロで書いたし。パソコンとワープロの端境期だった。

 

っていまではパソコン買い換えるのすごく楽ですよね。データの移行が。クラウドに置いといてコピーすればいいから。

 

あ、「イケイケ」のタイトルから離れてしまった。

 

ヒカキン世代だと、すでにインターネットが浸透している世代だから上に書いたような時代のことは知らないと思いますけどね。

 

生まれたときからインターネットがある世代なんですね。最近の若い人は。

 

でもインターネットができて発展していく様子を目の当たりにできる世代で良かったかもしれない。

 

 

と、いうことで、初期のヒカキン動画を見ていると、ヒカキンさんがイケイケのにーちゃんだということに衝撃を覚えます。

 

この動画を撮ってるのは誰なんだという疑問はありますがそっとしておこう…(質問コーナーで何人か手伝ってくれる人がいる、って言ってましたけどね)

 

それと、カメラワークが雑!

 

ゼリーを盛った器が見たいのに腕の方を映していたりして、「そこじゃないー」って言いたくなるところもちょいちょいあるんですけど。

 

初期だからね。。

 

最近の動画ではすごいカメラワークがうまいなと思います。

 

ということで、若いときのヒカキンはイケイケだったなーという感想でした。

 

このイケイケのにーちゃんが、あらゆる世代に受け入れられる好感度No.1のyoutuberに変貌をとげるまでに何があったのか知りたい。

 

【編集後記】

www.youtube.com

 

ヒカキン動画を観たのはHIKAKIN TVの日付の古い順からだったので、初期のさわやかイケメンなヒカキンを先に見ました。

この頃、いまと違ってシュッとしてて、何が違うのかはわからないけどいまと違いますよね。

フェイスラインかな?

あと、いまの方が目力があってくりっとした目な気がする。(大きさは変わってないにしても)

だから、若いときの顔はたれ目に見えるのかな?

うーん、何回見てもミラクル。

なぜあんなに見た目が変わったのか。

いろいろあったんだろうなー。仕事の重圧とか。そういうもので成長したんでしょうかね。

若く見られる、というか年下の人より年下に見られる自分って苦労してないってことなんでしょうかね。