いろいろ雑記帳

ジェリー・イェン、ジョンフンを応援します

キム・スンミンが出ているドラマ

hdata.seesaa.net

 

1%の奇跡』でカン・ドンウォンの友人役で出ていた俳優さんです。

 

けっこう、脇役で拝見することのある俳優さん。韓国人なのに、目が丸くてパッチリで、ソフトな雰囲気の俳優さんです。

 

河相我聞に似ている。

 

 

violinyuri.hatenablog.com

 キム・スンミンのことは感想に書いていませんが、カン・ドンウォン演じるイ・ジェインの友人役で出ていました。

 

violinyuri.hatenablog.com

 

 

屋根部屋のネコ DVD-BOX 1

屋根部屋のネコ DVD-BOX 1

 

 そうかー、これにも端役で出ていましたね。

 

violinyuri.hatenablog.com

 

 

 

もう一度始めよう 69話

はい、どんどん見ていますーー。

 

ストーリーとしては『彼女の神話』のグレードアップバージョンで

 

骨子は似たようなストーリーです。

 

韓国ドラマでよくあるようなね。

 

『冬ソナ』っぽいところもあるし。

 

ネタバレになるからあんまり書けませんけれども。

 

今回、おおっと思ったのは、道楽息子だと思っていたイ・ソンホ、

 

意外とかっこいいというか、熱演してました。日本にもこういう熱い俳優がほしいよ。

 

すごいよ。

 

kdrama.fc2web.com

 

 

このドラマの出演者、ジョンフン以外はみんな若くて、ジョンフンだけダントツの36歳(出演当時)。

 

kdrama.fc2web.com

 

 

ジウクもヨンジャもイェラも、肌がつるつる、ぴかぴかで若いーーーー。

 

韓国ドラマって、40歳定年説というか、(私が勝手にいまここで言っているだけですが)

 

ヨン様も、リュ・シウォンも、チャン・ドンゴンも、クォン・サンウも40歳を過ぎたら露出が減りましたよね。

 

「恋愛ドラマ」は40歳で卒業って感じ。

 

あとは、パパ役になるか、キム・スンウみたいにダンディーな大人の男性を演じられるようになって

 

息長く俳優を続けていくか。映画俳優になるか。

 

ジョンフンには歌があるからいいけれど、ジョンフンもいま37歳?次の誕生日で38歳ということで

 

これからどうなっていくか考えるときに来てるんだなーなんて思いながら見ています。

 

意外と、恋愛ドラマに出られる時期って短い。俳優って旬の時期が短くて

 

老け役もできればいつまでも息長く続けられますけどね。

 

それはジェリー・イェンの記事にも書きましたけど。

 

ヴィック・チョウも『美味関係』で恋愛ドラマは卒業、って言っちゃってますし。(だけどそのあと『結婚迷走期』に出ているということがわかったけど。

 

violinyuri.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう一度始めよう 63話まで

ジョンフン、『もう一度始めよう』おもしろいよーーーーーーー!

 

おもしろいよ、ジョンフンーーーーーーーーーーー。

 

ってジョンフンに報告。

 

 

ようやく話が進んできました。

 

ようやく半分まできたのにまだソンジェとヨンジャの恋は始まったような始まってないような…という段階。

 

そして気になる問題についても、これから…、ってところで

 

じらすんだからー。

 

 

存在感としては、カン・ジウクの方がハ・ソンジェよりもあります。

 

前も書いたけど、ハ・ソンジェのキャラクターがきわだってないから

 

ただ影があっていつも微笑んでて…というイメージで

 

特にハ・ソンジェが好き!となるような特徴が見当たらないような。

 

ごめんねー、ジョンフン。

 

カン・ジウクの方がかっこいいよーーーーーー。

 

ストーリーは書きませんけれどもね。

 

ちょっと前の記事で「こうなのでは?」と予想したのですが読みがはずれました。


こうかな、と思ってたことがあったんだけど違ったみたいです。


詳しくは60話あたりをご覧ください。

 

 

 

それにしても面白いなー。

 

DVDレンタルだからいいけど、テレビで毎日決まった時間に観るんだったら

 

待てなくてしんどいだろうなあああ。。

 

やっぱり面白い作品はイッキに観たい。

 

これだと視聴率を気にする製作者側の意図に反することになりますね。

 

どちらにしても韓国だからリアルタイムでは観れませんけれども。

 

なんてとりとめのない感想を書いてしまいました。

 

面白かった!

 

 

あ、そうだ、ドラマの前半では、ジョンフン、太ってる?と思うシーンもあったのですが

 

半分あたりまで来て、ジョンフン、やせてきました。

 

ダイエットしたのかな。線が細くなっています。よかったーー。

 

除隊後、太った時期があってyoutubeでなにかの画像で太ってるなーと思ったことがあったのですが。

 

『彼女の神話』でもちょっと太り気味?と思ったのですが

 

最新のドラマでは痩せててほっとしました。

 

それから思ったのは、

 

ヨンジャって日本の基準からすると美人じゃないじゃないですか。

 

肌がきれいですけどね。歯もきれい。

 

かわいくなくもないけど、そんなかわいいってわけでもないレベル。


だけど、韓国の基準からするとああいう感じの人が美人なんですよね。


キツネちゃんなにしてるの、のヒロイン(コ・ヒョンジョン)みたいな人が美人とされているというか。

 

『お隣さんは元ダンナ』のオールドミス、キム・ミスクみたいな人ね。

 


美の基準が違うような気がする。

 

 

もう一度始めよう showtime

55話まで観てしまった…1話33分なんであっという間に観てしまいます。

 

レンタルしてきたDVDを全部観てしまったので

 

昨日、showtimeで観ようと思ったら、showtimeの方ではまだ全話配信されてなくて

 

24話まででした。

 

24話なんてとっくの昔に観終わってるよーーーーーーーーーーー

 

ということで、showtimeでは観れなかったので昨日はそこまでにして

 

今日、レンタルしてきました。

 

でも、いずれ買うんだろうなあ、、DVD。

 

『お隣さんは元ダンナ』は名作なので2回動画配信で観てしまったのですが

 

 

violinyuri.hatenablog.com

 

 

そんなことするなら買ったほうがよかったのにーーーと思うぐらい

 

繰り返し観てしまうドラマってありますよね。

 

 

ジョンフンのファンになったのは2008年だったかな。

 

そのときはまだ「みんなのジョンフン」で

 

『シークレット・ダイアリー』でも「車の運転が怖い」って言ってたのに

 

いまはドラマで車に乗りまくってるじゃん!

 

運転上達してるじゃん!(飲酒運転で一度免許取り消しになったようですが)ということで

 

お母さんの気分で観ている者としては

 

「あ、ジョンフンはもう大人になったのねー」となって

 

さみしいなあ。出る幕がないですね。

 

かわいい、かわいい、と言っていられるうちが花だなあ、って

 

どういう気持ちでジョンフンを見てるのかってことですけど。

 

ジョンフンとヨンジャ役の女優さんの年齢差って11歳か。

 

11歳年下の女優さんと共演するぐらいになったんですね。

 

『宮』のときはみんな同世代でしたけど。

 

「오빠」って言われるぐらいになってしまったのねーーー、ジョンフンーーー、って。

 

ちょっと切ない。

 

 

それにしても、ヨンジャ役の女優さん、パク・ミンジ、演技がうまいです。

 

韓国の俳優さんはみんなうまいですね。

もう一度始めよう 51話まで

昨日は土曜日だったんだけど仕事をして

 

そのあとダーーーーーーーーーーーっと観てしまった。

 

というか、このブログを書いていて、『星に誓う恋』のときも似たようなことがあったたのですが

 

いつもは機嫌がいい母親がまた急にヒステリーになって

 

予測できないときに切れるんで

 

こっちも心が乱れて、ずっとドラマを観ていた、というオチです。

 

低気圧だったり、曇り空で寒いときに切れる確率が高い。

 

ヒステリー体質の人と同居っていうのは限界が来るなーーーー。

 

とドラマとまったく違うことを書いている奴。ここまではドラマと関係ない話です。

 

 

 

で、『もう一度始めよう』、面白くてイッキに観てしまった。

 

好きな人を家のために諦めるって、涙が出てくるわ、、


私もジウクと似たような立場だったからわかる。

 

家のために好きになれない人とお見合いして決めようとしたことがある。

 

だけどどうしても無理だったので断ったら親が激怒して怒鳴り込んできてこわかった。

 

 

自分の心に嘘をついてはいけないよ、


ジウクーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!


若いのに諦めてはいけないよ。会長に負けるな!

 

ってジウクを応援。

 

ジョンフンはどこへ行った。

 

 

昨日、感想を書いたのですが、メモリが足りなかったのか

 

パソコンの調子が悪くて下書き保存ボタンを押したのですが保存されていませんでした。

 

昨日何を書いたか覚えてないよーーーー。

 

 

メモ書きを見て思い出して書いてみます。

 

『もう一度始めよう』、先の展開が読めたような気がする。

 

とするとその割にはイェラの母親って影がなさすぎるなあ、、と思って。


この展開が当たっているかどうかは不明です。


これから見て確認します。

 

先を楽しみにしている方はこのブログ読まないでくださいねー。

 


アンジャッシュのネタみたいです。

 

そんなことあるわけないだろーの連続。

 

さすがドラマ。って感じです。

 

ヨンジャの父親の苦悩、ヨンジャが抱え込むであろう苦悩、


見てるだけで苦しいから早く解決してほしいと思って


次、次、と見てしまう。

 

だけど解決はまだだわーーー


始まってもいないわー

 

そして、『彼女の神話』に引き続き、また出てくれました、

 

チョン、ノミン。

 

いじわるなイェラの父親役ですね。

 

悪代官顔だわーーーーー。

 

板についてるわ。滑舌もよくて見た目もカッコよくて

 

はまり役だわーーーーーー。

 

また同じように他人の会社を乗っ取ろうとする役。

 

そこまで成功してるのにそこで満足はしないんだ、

 

自分で起業して一から作ろうとは思わないんだ、というところが不思議で

 

なぜ乗っ取ろうとするのかなってところが善良な日本人的思考なのか?と自分で言ってみたりして。

 

まあドラマだからね。

 

韓国ドラマってほんとに人を陥れようとしたり何かを企てたりするのが

 

お得意だわねーって。日本のドラマを観てると何も考えてなくて善人ばかりで

 

韓国人から見るとアホみたいに見えるんだろうなーってちょっと思ったりして。

 

よく言うと素直で善良だけど悪く言うと警戒心がないバカって感じに見えるのかなって。

 

韓国ドラマを観て韓国人の思考を理解しようとしています。日韓問題解決のために。

 

 

 

 

キム・サムスンの母親役の女優さん

kagami0927.blog14.fc2.com

 

イェラ母役の女優さんのことを調べていたら

 

上のサイトを見つけて、そこで『私の名前はキム・サムスン』の母親役のキム・ジャオクさんが

 

亡くなられていたことを初めて知りました。

 

2014年に亡くなっていたなんて知らなかった。

 

私は何をしていたんだそのとき。

 

『がんばれ、クムスン』でもクムスンの義母役を演じていました。

 

笑顔が素敵なかわいい女優さんで、お若くて

 

いつまでも長生きしそうな女優さんだと思っていたのですが。

 

若くして(63歳)病気で亡くなられるとは。

 

 

 

 

もう一度始めよう ヨンジャ父

ヒロインのナ・ヨンジャの父、どこかで観たことがあると思ったら

 

『復活』でヒロイン(ハン・ジミン)の父親役だった人でした。

 

『復活』って2005年のドラマなんですね。

 

道理で私も年を取るわけだーーー、、、って。

 

mpo6.brandak2.net

 

このカン・シニルという俳優さん、

 

1960/11/26生まれだそうです。

 

『復活』は12年前のドラマだから当時45歳だったの?45歳で20代の兄妹の父親役?

 

でもまあ現実でもありうるか。

 

父親役だから当時でも50歳は行っていると思ったけど、実際にはお若かったんですね。

 

 

というより、私って案外、韓国ドラマってあんまり数をこなしてないんだなって思いました。

 

こうやって見たことある俳優さんを調べてみると、観たことないドラマばっかりで。

 

これでドラマ好きを語るなーって感じですね。

 

うん。でも面白いドラマ全部見てしまったら、ドラマ廃人になって社会生活送れなくなるから

 

まあこれぐらいでとどめておいてよさそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう一度始めよう イェラ母

wpro3.brandak.net

 

このドラマでけっこう異彩を放っているのが、イェラ母です。

 

最初見たときは「なにこのプラスチック感!」と思ったのですが

 

話が進んでくると、けっこうお茶目なところもあって、

 

本人のキャラはけっこう好きです。

 

役が強烈で、何よりファッションが強烈。

 

娘役のイェラと同じようなファッション。

 

その年でそのかっこうはきついよ。でも役ですよね、役。

 

と思っていたのですが。

 

 

役作りではなく、ふだんからああいうかっこうのようです。

 

yaplog.jp

 

 

 

もう一度始めよう 33話まで

1日あたり3話観てしまってますが、1話33分なので3話観てもさほどの負担感はありません。

 

というか面白いから次、次と観たくなる。

 

といっても、ストーリー展開は『彼女の神話』に似ているといえば似ている、

 

王道の韓国ドラマ、といった感じで、またこれかー、という水戸黄門的な展開です。

 

お決まりの、と言ってもいい。

 

2人のイケメンに好かれる天真爛漫で素直なヒロイン。

 

それに嫉妬するいじわるな女性。

 

ヒロインがその女性にいじわるをされる現場を目撃するイケメン。

 

ふつう、そんな現場に居合わせるなんてことは現実には確率が低いんだけど

 

なぜか、目撃する。そしてイケメンにかばってもらうヒロイン。

 

 

それにしても、33話にもなって、全ストーリーの3分の1近く終わったのに

 

ヒロインとハ・ソンジェ(ジョンフン)との恋がまったく始まらないよー。

 

しかもソンジェ、ヒロインの相手役なのに

 

いったいソンジェのどこがいいんだ、というぐらい存在感がいまのところ薄くて

 

いいところがまだよくわからない。

 

むしろ、ソンジェが家庭教師をしていたときの教え子、カン・ジウクの方が

 

存在感を発揮しています。

 

ジョンフンはいまのところ、いいとこなし。出番もあまりなし。

 

この先、どうやって恋が進展していくんだろう。

 

 

 

33話になって、常務のカン・ジウクのイケメン度がアップしてきました。

 

お顔が、パク・シフと同系統の韓国人らしいしゅっとしたイケメンです。

 

目が涼しげ。日本にはあまりいないタイプのしゅっとした顔です。

 

いつもきちんとしているのに、土地を譲ってもらいに説得しにいった農家のおっちゃんに

 

水をかけられて髪が乱れて、前髪をおろしたところがまたいい!

 

おろしてもかっこいい。立ててもかっこいい。

 

背も高い。

 

ジョンフンと並んでみると、『彼女の神話』のチェリムの弟のときも思ったけど

 

ジョンフンより、隣にいる男の方がイケメンじゃないか、と思ってしまう。

 

常務がモデル体型で背が185センチぐらいあるのかな、顔も小さくて

 

ジョンフンとはまた違った涼しげな顔のイケメンで

 

ジョンフンがかすむーーーーー。

 

若くて肌もぴかぴかーーーーーー。

 

 

 

全開、15話まで感想を書いたので、そのあとの感想をここに全部書くのは無理なのですが

 

つい言いたいことがあってどどっと書いてしまいます。

 

 

 

ソンジェが自分の赤ちゃんの面倒を見るシーンがちらっとあるのですが

 

ジョンフン自身の顔が赤ちゃんみたいなのに赤ちゃんが赤ちゃんを見てるわーって


どういう目線でジョンフンを見ているんですか。

 


ジョンフンって赤ちゃんぽいでしょ。顔が。表情とかね。性格がね。

 

それにしてもこのドラマに出てくる赤ちゃん、かわいい。

 

 

 

そうだ、このドラマを観ていて思うのは、ヒロインのナ・ヨンジャ、手作りで皮製の鞄を作る時間があったら

 

勉強しろーーーーーーーーーーって。なんでそんな手間暇かかるものを作るんだ。受験生なのに。

 

という疑問ね。しかも夜中に。よくわからん。。受験生が皮製の鞄を縫うとかね。

 

設定が『彼女の神話』の設定を使っているものもあるから、ここでも皮製の鞄が出てくるの?

 

 

あ、設定で思い出しましたが、『もう一度始めよう』のナ・ヨンジャ一家が住んでいる家、

 

『めっちゃ大好き』でヒロイン(ヨ・ボンスン)が居候した大統領警護官のナム・ボンギの家のセットを

 

そのまま使ってる?模様替えはしているけど、間取りが同じような気がする。

 

 

『めっちゃ大好き』では、日本人は納豆なんていう臭いものを食べて野蛮な民族、というようなセリフがあったのですが

 

『もう一度始めよう』では、朝は納豆がないとダメなんだよ、という会長のセリフがあったりして

 

10年経って納豆への偏見(違うって)がなくなってきたのかなと思った。

 

健康志向だからねって違うって。あからさまな反日描写はこのドラマではまだない、ってことですね。まだね、まだ。

 

 

ヒロインとハ・ソンジェの恋はまだ始まっていないけど

 

周りの人たちでどんどん話が進んでいきます。

 

また、今回も大活躍のチョン・ノミン(イ・テソン役)。

 

mpro4.brandak.net

 

今回も悪役かー。『彼女の神話』でも悪役だったなー。

 

このドラマの中ではけっこう、チョン・ノミンは好きなんですけどね。演技がうまくて。

 

悪役面が板についてるーーー。日本の時代劇でいったら悪代官みたいな役ですね。いつかこの人の時代劇も見てみたいな。

 

このドラマの中では、カン・ジウクとイ・テソンが好きかなー。

 

ヒロインをいじめるイ・イェラ役のコ・ウリは、調べていたら実は天然キャラだということで

 

と、いうことはあれは迫真の演技、ということなんですね。実は天然だと思って見ると

 

かわいいところもある。今度は違う役で観てみたいな。

 

ところどころかわいいです。いじめてるときは鬼婆のような顔だけど。演技力がすごいってことですね。

 

 

このドラマ、キャラが濃い俳優が出ているんでもっと言いたいことがあるのですが

 

記事を分けたいと思います。

Amebaの全球日本分会ブログから

ameblo.jp

 

そうかー。そうなんですかー、、って中国語ところどころわからないんですけどね。

 

リン・チーリン、余裕ですね。ジェリーと付き合って(未確定ですが)有頂天にならないで落ち着いていられるっていうのは

 

やっぱり、リン・チーリンじゃないと無理だろうなあ。

 

 

ジェリーも一途で素敵です。