いろいろ雑記帳

ジェリー・イェン、ジョンフンを応援します

華麗なる遺産 チンラン

チンランは自閉症の役で、しかも両腕がないピアニストの役。

 

まだピアノを弾くシーンは見ていないのですが

 

両腕がないのが気になって調べてみたら、知恵袋に答えがありました。

 

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

 

本当に腕がないんですね。。

 

この方は、俳優ではなく本当にピアニストとして活躍されていて、それでドラマに抜擢されたようです。

 

 

韓国語版の『華麗なる遺産』はまだ観たことがないのですが

 

韓国語版のコ・ウヌ役の自閉症の演技が大絶賛されたそうなので

 

いつか観てみたいと思います。

 

 

これで思い出すのは

 

あのレオナルド・デカプリオ。古いかもしれないですがそういう世代なので。。

 

 

ギルバート・グレイプ [DVD]

ギルバート・グレイプ [DVD]

 

 

このドラマを観たときはデカプリオは有名ではなかったはず。

 

兄役のジョニー・デップの方は、あの『シザーハンズ』のあとでこの『ギルバート・グレイプ』に出演したので、知ってました。

 

 

見たとき、本当にこの子は知的障害がある子?と思うぐらい

 

純粋な、知的障害のある子の役をうまく演じていました。

 

演技がうまいんですね。

 

若いときに一度観ただけなので、もう一回観て思い出したいと思います。

 

デカプリオの天使のような笑顔だけが印象に残ってました。

 

 

 

チンランの話に戻ると。

 

これもオマージュなのか、『おいしい関係』や『君には絶対~』にも

 

障害者がドラマに出てくることがありました。

 

チンテンにとって大事な弟ではあるけれども

 

実際に、本当に自閉症の弟がいたら

 

自分の結婚にも影響があるだろうし、簡単なことではないと思う。

 

家族に自閉症、となると一瞬ひるみますよね。。結婚を考える相手で。

 

身近にそういう人はいないのですが、

 

むかし、そういえば英会話で同じクラスだった人にそういう女性がいました。

 

"My brother is disabled"って言ってました。

 

私と同じで、当時20代だったのに、なにか重いものを背負っているような大人びた口調で。

 

私はヘルパーと障害者ヘルパーの資格を持っているので

 

重度自閉症の施設に研修に行ったことがあるのですが

 

若い自閉症の女の子が、

 

「今日、お母さんがお弁当作って持ってきてくれるの!」と

 

私に向かって何度もうれしそうに言っていて、「う…お母さんは今日は来ないよ…」(涙)

 

と思って精神的にきつかったです。この仕事は無理だと思った瞬間でした。

 

家族が抱えるものを考えると

 

「愛する家族」だけでは収まらない感情もあると思う。

 

ということで、ドラマだときれいですけど、実際にチンテンのような状況になったら

 

絶望するんじゃないかなと思ったりして。

 

私だったら、いったん、どこかに預けるよ。義母のことだって責めないよ、と思いました。

 

優しい人に会えてうまくいったからよかったけど、もしその人たちに出会えていなかったら?と思うと

 

現実は厳しいだろうと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

華麗なる遺産 8話まで

8話まで観ました。

 

主人公のチンテン、最初は、中学の同級生にこういう顔の子いたなー、ぐらいの

 

一般人の中でちょっとかわいいレベルだと思っていたのですが

 

回を重ねるごとに、なんだかかわいく見えてきました。

 

役だけど性格がすごくいいところ、裕福に育ったのに、おごりがないところ、

 

弟が自閉症だからか、弱い者にも優しいところなど

 

内面がきれい(そういう役)だからきれいに見えるのかなーと。

 

逆にチンテンの義母は、役で意地悪な役をやってるだけだけど、本当に性悪に見えるし。

 

不思議ね。

 

なんか、だんなさんが苦しいときに、だんなをあんなにこけにできる奥さんというのはひどいですね。

 

一緒にがんばろう、という人を選ばないとダメねと思いました。

 

チンテンのお父さん、顔とナイスバディで選んで中身を見ないで結婚したからこうなるんだぞーって。

 

チンテンの義母はスタイルがいいし小顔だし、モデルさんみたいですね。

 

 

8話まではまだそんなに話が動いていませんが

 

あのユーハオの祖母、会長を演じているときと、記憶を失ったときと

 

見事に演じ分けていて、さすがですわ。

 

 

そうだ、このドラマを観ていてやはりあれ?と思うところが。

 

 

チンテンがユーハオと荷物を取り違えたのに、なぜユーハオはチンテンのスーツケースを開けられるの?

 

鍵かけてなかったのかな?

 

あと、最初にユーハオのいるホテルにまで、チンテンがスーツケースを持っていきなり尋ねたとき。

 

なんでホテルの部屋番号までわかるの?

 

なんでこんなに偶然が重なるの?都合がよすぎない?

 

と???と思うことはあるのですが、まあドラマだからね、の一言で片づける。

 

 

 

韓国ドラマでは『1%の奇跡』でも、キム・ジョンファが電車の中で、

 

知らないおじいさんの重い荷物を抱えるのを手伝ったことがきっかけで

 

遺産をこの子に譲る!となって始まったストーリーです。

 

人当たりの悪いイ・ジェインを、この心のきれいなキム・ダヒョンなら

 

なんとか変えてくれるかもしれない、ということで白羽の矢が立ったのは

 

この『華麗なる遺産』と同じような筋書きです。

 

 

 

ということで、だんだんジェリー・イェンの出番も増えてきたので、またこれを楽しみに観たいと思います。

 

大人ダンディーなジェリーより、放蕩息子ジェリーの方がやっぱりいいな。イキイキしてるな。

 

年を取ると放蕩息子の役はしたくてもできなくなるから、若いうちだけですね。

 

ジェリーは、服を着ているところを見ても胸板が薄くなっているというか、痩せたんでしょうね。

 

全体的に痩せて。胃の調子が悪くて療養してたから。すごい痩せてる。

 

『華麗なる遺産』のあとの作品を見てがっちりしてたので、体調が戻ってよかったです。

 

そういえば、どこかのyoutube動画で、ジェリーが「我要肌肉~」(筋肉が必要)と言って筋トレしてたのですが

 

このあたりの時期のことなのかな?あったあった、これでした。あれ、ドラマについて調べたけど、2011年というだけで撮影期間はわかりませんでした。

 

 

 

www.youtube.com

 

そういえば、私も自律神経失調症でめまいがして、しばらく寝込んでいたのですが

 

その間に脚の筋肉が衰えて階段の上り下りができないぐらいになったことがあります。

 

しばらく寝たきりだと、筋肉は衰えるんですよー。

 

階段をとんとんとんっと上れなくなってどたっどたっと足をひきずって上り下りしてました。私の話ですけどね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ついでにウィキペディアを観ましたが、『華麗なる遺産』は中国ドラマなんですね。これこそ。中国の東方衛視にて、「我的燦爛人生」のタイトルでドラマ化、とあるので。

 

showtimeでは『台湾ドラマ』となっているのに。うーん、よくわからない分類。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

華麗なる遺産 2話まで

showtimeだと、会員は3話まで無料で観れるので『華麗なる遺産』を観ました。

 

オープニング曲が明るい割にはけっこう重たい内容。

 

 

 

台湾ドラマを観ていると、台詞の中にあれ、これどこかで聞いたことある、というような台詞があります。

 

華麗なる遺産は韓国ドラマがオリジナルだけど。

 

破産して、家から追い出されるというところ。

 

ジェリー・イェンも子供のときに父親が亡くなってからしばらくして

 

アパートを追い出されたそうです。

 

『明かされる…』でジェリーが言っていました。

 

ジェリー、つらくなかったんだろうか。この脚本を読んで。

 

脚本の中に、あれ、これはもしや…と思うことがけっこうあります。オマージュも含め。そういう文化なのかな。

 

 

ということで、2話まで観たのですが

 

またジェリーは金持ちのどら息子設定なのですね。

 

実際は真逆なのに。

 

お金持ちでボンボンのイメージがあるんでしょうね。

 

見た目のイメージで。

 

 

ところで、ジェリーは胃の調子が悪くて

 

1年半休業したあとの復帰作がこのドラマですね。

 

そうか、だからなんだかやせているような感じがするのか。

 

なんかおかしくないですか?

 

ジェリー・イェンが胃炎とか。

 

笑っちゃいけないけど。笑っちゃいけない笑っちゃいけない。。

 

でも1年半も養生するぐらいだから軽くはない病状だったんでしょうか。

 

そういえば『君には絶対』のユーピンも、ストレスがあると胃が痛んで

 

胃潰瘍になったりしていましたね。

 

台湾ドラマでは、脚本の中にオマージュを入れてくることがよくありますが

 

あのユーピンの胃痛も、実際のジェリーを暗に示しているのかなといま気づきました。

 

 

ということで、続きを観てみます。

 

 

 

 

華麗なる遺産

『星に誓う恋』、名作だったけど少々重たかった。

 

軽いコメディーが観たいぞー。

 

ということで、ジェリーの作品で次に観るのは『華麗なる遺産』。

 

『華麗なる遺産』は、タイトル名を検索しようとして、あらすじまでプレビューで見てしまったじゃないか。

 

うう。

 

そうか、そういうことか。

 

昨日、1話の前半だけshowtimeで観てみましたが、明るいタッチのドラマですね。入り口だけは。

 

韓国ドラマの場合、明るいドラマなのかと思ったらドロドロもあるし、という

 

『兄嫁は19歳』なんてドラマもある。

 

『華麗なる遺産』、あらすじの1行目をみた限りでは、

 

1%の奇跡』バージョンということですね。

 

これからどういう展開になるかわかりませんが、次のジェリーの作品はこれを観てみようかな。

 

これも台湾ドラマですが、舞台は上海です。中国づいているな、ジェリー。

 

中国は瓜実顔の美人が多い印象ですが、このドラマ、美人がいないような気がするのは私だけ?

 

並レベルの女優だけ?と失礼なことを言う。中国、いくらでも美人がいそうなのになぜ?という素朴な疑問。俳優さんはどこの国なのかな。調べてみます。

 

私は台湾の南国の明るい雰囲気が好きなので、台湾ロケをしてほしいのですが

 

なぜか台湾ドラマでロケ地は中国という設定続き。

 

 

『白色巨塔』は、私ラブコメ専門なので、あんまり見なくていいかなーという気がしている。重たいぞ。

 

『MARS』に出ていた片足を失ったバイクレーサー役の人も医者役で出ていましたね。

 

(ちなみに、ここに書いてしまいますが、このバイクレーサーの奥さん役の方は、元・太陽とシスコムーンの在日中国人なんだそうです。知らなかった。きれいでしたよね)

 

とりあえず、『星に誓う恋』のしぶいジェリーも良かったのですが

 

ジェリーの笑顔欠乏症になっているので、次は『華麗なる遺産』を観ます。

 

笑いの要素はあるのかな?

 

www.showtime.jp

 

 

 

大草原の小さな家

 

 

 

 

大草原の小さな家』も、子供のころから観ていました。再放送か再々放送かわからないですが。

 

わくわくしながら。

 

アメリカでは水戸黄門のような存在のドラマだとどこかで読みました。

 

アメリカの原点ですよね。

 

子供だったので、「本当のこと」だと信じて観ていたところもある。

 

だけど当然のことながら「演技」してたんですよね。時代も違うし。

 

そういう勘違いって、きっとアメリカ人もするんじゃないか。いまもちょんまげ、とはさすがに思ってないかもしれないけど。

 

 

いいお父さんだと思ってたのに、マイケル・ランドン、3回も結婚してたなんてがっかりだあ、と高校生ぐらいのときに思いました。

 

ローラ・インガルス役の子は、年を取るたびにきれいになって、背も高くなって

 

あこがれてました。自分も大人になったら背が伸びてきれいになれるのかなって。

 

 

このころ、ビデオがうちに来たので、

 

副音声の英語に切り替えて、英語を聞き取ろうとしたけど

 

このころは「まったく」聞き取れなくて何を言っているのかわからなくてイライラしていました。

 

いまや台湾ドラマすら中国語で聞き取ろうとしている。

 

やってること、変わってないなーって。

 

 

これも原点ですね。

 

 

ローラのだんなさんのアルマンゾ役の声の人、二又一成さんの声が好きだったなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ビデオがない時代に観た映画

 ブログのどこかにちらっと書いたことがあるかもしれませんが、

 

これも原点ということで。

 

うちにビデオデッキが来たのは中学校2年生のとき。

 

それまではビデオがなかったので、深夜に映画を観るときは

 

目覚まし時計をかけて、夜中の12時に起きて、冬だったら毛布をかぶって

 

1人、居間で観ていました。

 

それでも、海外の名作映画を観る機会がなかったから、食い入るように観ていたなあ。

 

新聞でチェックして。

 

年末年始が多かったです。

 

いまはツタヤでレンタルできるし、動画視聴もできるし、

 

俳優の情報はネットで調べられるので雲泥の差なのですが

 

ないものを必死に求めようとする、情熱は当時の方が強かったと思います。

 

 

 

 

赤い靴 デジタルリマスター・エディション Blu-ray

赤い靴 デジタルリマスター・エディション Blu-ray

 

 

 

 

ママあのことないしょにしてて

 

ママ、あのことないしょにしてて (旺文社創作児童文学)

ママ、あのことないしょにしてて (旺文社創作児童文学)

 

 

あった、あった。

 

Amazonにありました。絶版になってなかった。

 

私が翻訳家、という仕事を意識したのは

 

赤毛のアン』の影響もあるのですが、この落合恵子さんの存在が大きいような気がします。

 

といってもこの1冊なのですが。

 

初潮を迎えるころの少女の繊細な気持ちが描かれていて

 

訳もすっと入ってきて

 

私も主人公と同じ年ぐらいに、学校の課題図書で購入して夏休みに読んだのですが

 

けっこう、いまでも記憶に残っています。

 

甘酸っぱいようなね。

 

これから大人になるんだー、みたいなわくわく感があって。

 

実際に素敵な大人にはなれていないのでがっかりなのですが。

 

 

おちゃめなふたご

 

おちゃめなふたごの秘密 (ポプラポケット文庫)

おちゃめなふたごの秘密 (ポプラポケット文庫)

 

 

赤毛のアン』を書いたついでに、『おちゃめなふたご』シリーズも書いておこう。

 

備忘録で。

 

これも、小中高とはまった海外小説です。

 

挿絵がかわいい。

 

この絵を真似してよくスケッチブックに絵を描いていました。

 

いいなー。

 

どこからわたしは道を誤ったのかな?といま人生を振り返って思い出しているところです。

 

グレーテルのかまど

私としたことが…

 

大好きな番組を忘れていた。

 

グレーテルのかまど』です。

 

www4.nhk.or.jp

 

これは観始めて3年ぐらい経っているかもしれない。

 

瀬戸康史くん、最初は無名(私が知らなかっただけ?)だったのに

 

そのあと、『朝がきた』で成澤泉役を演じ、

 

メジャーになった。いつの間にか若手の中では中堅どころになっている。

 

しかもいい役ばかり演じている。

 

なんてことを考えつつ、親戚の子の成長を見るように応援しています。

 

 

木村緑子さんのナレーションも素敵ですし。

 

私は、マーサ・スチュワート・リビングが好きなので、こういう系統の番組が好きなのですが

 

この番組で一番好きなレシピはやはり赤毛のアンのチェリー・パイかな。

 

www.nhk.or.jp

 

小中高と文学少女だったので。『赤毛のアン』は、村岡花子訳を7冊読みました。

 

出版元によって冊数が違うらしいですが。

 

英語版の小説も持ってるし。

 

いいですねー。

 

原点です。

 

いま私が語学の仕事をしているのも、原点はここ。

 

忘れないようにしたい。

 

当初、児童文学の挿絵を描く人になりたい、と思っていたのに

 

挿絵では食っていけないとか、さまざまな事情により

 

挿絵画家じゃなく、違う仕事をしているし。

 

うーん。。

 

道をはずれてしまった気がする。

 

ということで、原点でした。

 

 

魔女の条件

 

魔女の条件 BOXセット [DVD]

魔女の条件 BOXセット [DVD]

 

 

前の記事で『魔女の条件』のことを書いて

 

そういえばこのドラマのことをブログに書いてなかったと思いました。

 

タッキーのドラマ、数々観ましたが、『魔女の条件』のタッキーは妙に色気があってよい。