いろいろ雑記帳

ジェリー・イェン、ジョンフンを応援します

完璧な恋人に出会う方法

おすすめ度: ★★★★☆ 

 

ふつうのラブコメかと思って気軽に見たら

 

サスペンス要素もあって引き込まれるドラマでした。

 

韓国ドラマではたまにありますよね。『兄嫁は19歳』でもそう。

 

気軽なコメディだと思ってみたらドロドロの愛憎劇が混じりこんでいる設定。

 

 

あのドラマに出ていたあの人だ!ここでも共演している!と

 

思い出しているうちに頭が疲れますよね。韓国ドラマって。

 

いや楽しいけど。思い出せないともやもやします。

 

 

で、ここにもパク・シフ王子が出てきます。

 

かっこいいですねー。

 

韓国ではドラマによく出てきますが、パク・シフが演じる、ユ・ジュンソクの親も

 

毒親ですね。

 

毒親に敏感な私。現実でも、私の親は毒親なんです。

 

なので、韓国ドラマにあまりにも毒親が出ているので

 

へんな親近感というかね。

 

親が子供の結婚に口出しする設定がすごい多いですね。

 

身につまされます。

 

 

 

 

ドラマで毒親に苦しめられている主人公を見ると、私も私も、となるのですが

 

ドラマを全話観終わってふと現実にかえると

 

なんということはない、その人は役として演じていただけで

 

現実では、素敵な家族に恵まれた満たされた生活をしている俳優さんということに

 

気づくわけで

 

観ているときはいいのですが、見終わったときに悲しさ、つらさが押し寄せてきます。

 

なんてね。

 

こんな気持ちでドラマを観ている人はほかにいるんだろうか。