読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いろいろ雑記帳

日々思うこと、いろいろ、生活、ドラマ、好きなもの

志村けんのだいじょうぶだぁ

久しぶりに観ました。

 

2016/11/29の『志村けんのだいじょうぶだぁ

 

すごいですね。

 

これ、私が子供のときからやってる。

 

志村けんはちょっと笑いが下品というかね。

 

私が子供のころは、上半身裸のお姉さんがテレビに映ったりしてて

 

(人に向かって下品というほうが下品なんですけど、この場合、ほんとに

 

放送したらアウト的なものが映ってたので)

 

観てなかったんです。

 

なのに、10年、20年、30年と続いて。

 

バカ殿に出てくる若手女優は、いままで何回、首がすげかえられたんだろうか。

 

バカ殿はずっと志村けんなのに、女優連中は何回も入れ替わりましたね。

 

 

志村けんさんも、何年もほかのレギュラー番組を続けていて

 

何歳になっても現役、だと思っていた。

 

だけど、ふとテレビをつけて観ていたら

 

初めて「老い」を感じた。

 

いままで老けメイクをしておじいちゃんおばあちゃんの役をやっていたのに

 

あれ、老けメイクしなくてもほんとにそういう年なんじゃないの?ということに気付いて。

 

でもやっぱり若々しいですけどね。

 

カトちゃんも出ていたのですが、若いころの精悍なカトちゃんじゃなくて

 

やはり老いを感じて

 

初めて、あと何回観れるんだろう、という気になりました。

 

ここにきて初めて、もしかして志村けんの笑いって至宝なんじゃないの、と思ったりして。

 

絶滅しかけてはじめて価値がわかる天然記念物みたいに。

 

そんなことを思った『志村けんのだいじょうぶだぁ』でした。