いろいろ雑記帳

いま観ている台湾ドラマ、中国語の勉強日記、いままで観たおすすめのドラマ、映画

流星花園II ~20話

やめられない、止まらない。

 

あー、早く次のジェリー・イェンが観たい、となって

 

ジェリー・イェン中毒になっています。

 

なんなんだ。あれー。どうしたんだ私。

 

 

まあ、本筋と関係ない感想ですけど

 

「道明寺 司」の中国語の役名が「道明 寺」で読みが「ドウミンズ」なので

 

なんか日本語の「道明寺」を見ても「どうみんじ」って読みそうになってやばいです。

 

頭が混乱ー。

 

「どうみょうじ」って頭が切り替わるまで1秒ぐらいかかる。

 

日本語って、見た通りに読めないから、本音と建て前を使い分けるという

 

高度な技も発達したのかもしれませんねって文化論を。

 

 

昔、ワープロ時代は「かな入力」だったんです。

 

でもその後、パソコンの時代になって「ローマ字入力」に切り替わったら

 

「かな入力」の打ち方をきれいに忘れてしまった。

 

中国語って、日本人にとってはそういう危険性がある言葉ですね。

 

同じ漢字に、日本語読みと中国語読みが同居してしまうんで。

 

これで韓国語まで勉強してしまったら大変なことになるなって。

 

頭が混乱します。

 

日本語の漢字のテストがあったら、戸惑いそう。

 

ほんとに関係のない話でした。

 

 

昨日観た話では、美作ってけっこういいやつだったんじゃんーーって

 

思いました。

 

つんとして、他人に興味ないのかと思ってたけど

 

けっこう、人間味あるのかな。

 

台湾ドラマって、なんだか道徳の教科書みたいです。

 

すごく友情を大事にするし、

 

あなたもいい人、私もいい人、悪役は1人だけで。

 

これが韓国ドラマだと、あの人もこの人も、どうなってるんだー

 

みたいになるんで

 

国民性の違いかな。

 

 

あと、ドラマがきっちり毎話45分で終わるのが気持ちいい。

 

日本と同じなんですね。

 

45分ってあっという間なんで一晩で何話か視聴できます。

 

韓国ドラマは、毎回、時間が違ってて、長いとなんか得したような気になってましたが。

 

同じアジアでも全然違いますね。

 

ところで食事シーンに出てくる台湾の中華料理がすごいおいしそう。

 

いいなー。中華街に出てくるような料理を食べてるのか。

 

西門は。

 

食事は台湾はおしいそうだから羨ましいですよね。