いろいろ雑記帳

ドラマ、動画を観た感想

冬のソナタ

 

 

韓国ドラマブームがありましたよね。『冬のソナタ』が放送されたころ。

 

私は当時、どうも韓国ドラマはお昼のドラマみたいだと思って

 

観る気がしなくて、人より韓国ドラマを観始めるのが遅れた口です。

 

そういいながら、私のまわりで韓国ドラマにはまった人ってそんなにいないんですが。

 

 

ここでは人と違った切り口で書こう。

 

冬ソナのレビューなんてこれまで書き尽くされてきたんだろうから。

 

 

私は冬ソナがあんまり好きじゃないんです。

 

でも、ヨン様チェ・ジウも好きで、この2人が出ているドラマはだいたい観ました。

 

韓国語のスクリプトも買って、ハングルも書けるように練習して

 

韓国語キーボードで打てるぐらいになりました。独学で。

 

 

冬のソナタで始める韓国語

冬のソナタで始める韓国語

 

 

ストーリーについては他の方に譲るとして、

 

私が嫌いなのは、この冬ソナに出てくるジュンサンとユジンの親たち。

 

この親たち、二人ともいい年してるのに

 

自分たちの若いころの恋のために子供の恋の邪魔をするなんて!と

 

一人憤慨していました。

 

 

 

大ブームをまきおこしましたけどね。

 

このドラマに出てくるクォン・ヘヒョ(こんな名前だったんですね)は

 

私の名前はキム・サムスンにも出てくる

 

なんかかっこいいなと思って見てましたが。

 

個人的に、こういう親たちは理解できないな、と思ってドラマにはまれなかったのですが。

 

こういう記憶喪失、交通事故のコンボも。

 

でも、俳優陣がいいですし、演技がうまいですし、いいドラマだと思います。

 

カテゴリーを「毒親」にしましたが、ほんとの毒親ではなくて

 

親のエゴによって子供がふりまわされる、ぐらいの意味です。