いろいろ雑記帳

いま観ている台湾ドラマ、中国語の勉強日記、いままで観たおすすめのドラマ、映画

君には絶対恋してない アフレコ

弁護士のシャン・ユーピン(ジェリー・イェン)の恋人で大スターの

 
ティン・ホイファン(チェン・ズーハン)、ドラマの中で大スターの役。
 
この方はキム・ヒソン、チャン・ツイイーを彷彿とさせる中国美人です。
 
正当派美人。
 
 
ドラマを観ていて、どうもこの人の口とセリフが合っていない。
 
なんか違和感。
 
なんか声がきれいすぎる。
 
発音がよすぎる。
 
滑舌がよすぎる。
 
まるで声優さんの声みたいだ。
 
 
と思ったら。
 
本当にアフレコだったようです。Wikipedia参照。
 
 
調べてみると、この女優さん、中国の女優さんなので
 
発音が台湾と異なるんでしょうね。
 
ネイティブじゃないのでよくわかりませんが。
 
 
ということで、あまりにも声がきれいすぎると思った女優さんのなぞが解けました。
 
地声も聞きたい。
 
台湾人は中国人の発音に違和感を感じるものなのでしょうか?
 
同じように思えるけどなにかが違うのかな。
 
 
謎。
 
 
 そういえば、youtubeを観ていて
 
流星花園』の道明寺の声をフランス語でアフレコしている動画があった。
 
ほんの1節だけでしたが。(5:09あたり)
 
ちなみにこの『Broken Bow』という曲は、その後、音楽配信サイトから購入しました。

 

 

 

www.youtube.com

 
 
 
これはねーー。
 
アフレコの人の声がおっさんで、
 
ぜんっぜん、ジェリー・イェンの若さ、繊細さ、素敵さが伝わってこなかったよ。
 
ジェリー・イェンの魅力は声が5割ぐらいだと思っている。
 
うん。
 
それをアフレコにしたら魅力が文字通り半減だよーーーー。