読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いろいろ雑記帳

日々思うこと、いろいろ、生活、ドラマ、好きなもの

山田太郎ものがたり おじぎ

台湾ドラマ

古い話ですみません。

 

『山田たろうものがたり』(貧窮貴公子)

 

太郎の妹、四妹がおじぎするシーンがあったのですが

 

腰から深く頭を下げて完璧なお辞儀!

 

だれにならったんだろう。

 

親御さん?

 

この子はフランス系だったか?ハーフなので

 

台湾人とフランス人のハーフですが

 

お辞儀を習ったということは台湾人の親御さんから習ったのか?

 

この完璧なお辞儀をみて

 

いいご家庭で育ったのねと感心してしまいました。

 

 

台湾にはこういう作法あったんでしたっけ。

 

旧日本軍がいたときの日本人の作法が根付いたのでしょうか?

 

それとも役作り?ドラマの中でちょいちょい日本の歌とかあいさつをはさんでくるので

 

これもその1パターンか?

 

と???がいっぱいつくお辞儀シーンでした。

 

 

でも、『Mars』のNG集でも、仔仔がバイクのヘルメットを

 

シュウ・ジエカイに渡すシーンで、軽く頭を下げていたので

 

やはりアジアにはお辞儀の文化が根付いているということなんでしょうかね。

 

こういうところが、西洋と違って好き。

 

以前、東欧の田舎街に行ったとき、初めて会うおじさんに

 

私が頭を下げてあいさつしたのですが

 

それでそのおじさんはドキっ?としたらしいです。

 

やはりヨーロッパでやると異質な文化なんだろうな。お辞儀は。