読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いろいろ雑記帳

日々思うこと、いろいろ、生活、ドラマ、好きなもの

今後

このブログは5割が私の妄想、残りの5割がドラマの感想、となっております。

 

ジェリー・イェンの今後。

 

ジェリー・イェンの作品は『君には絶対恋してない』と『流星花園』しか観たことがないくせに

 

こんなことを書く。

 

 

 

いまジェリー・イェンが何をしているのかわかりませんが。

 

年に1回ぐらい、コンスタントにドラマに出ている以外はよくわからない。

 

台湾にいればCMも観れるんでしょうけど。

 

 

ジェリー・イェンはあの天性の目つきのするどさが魅力なので

 

将来は、007に出てくるような俳優になってほしい。

 

スナイパーとか、美しい殺人者とか。

 

 

 

 

ここが運命の分かれ目で

 

中村雅俊舘ひろし草刈正雄みたいに、いいパパを演じられる俳優になるのもよし。

 

菅原文太のように強面のや●ざを演じるのもよし。

 

でも、ジェリー・イェンは声が繊細なので強面のや●ざは演じられないかもしれない。

 

低音の声じゃないとね。やはり007だな。アジア版007を作ってほしいぞ。

 

 

上に書いた俳優のように、何歳になってもかっこいいままスクリーン上で観ていられればいいなあ。

 

田村正和の『パパはニュースキャスター』みたいなドラマにも出てほしい。

 

 

 

 

でもジェリー・イェンもヴィック・チョウもそうだけど、

 

彼らの良さは感情表現、愛情表現だったりする。

 

恋愛ドラマを卒業したら、魅力を発揮する場が半分なくなる気がする。

 

 

ヴィック・チョウが恋愛ドラマ卒業したのは痛恨の極みだった。

 

しかもけっこう早く。30歳そこそこだったんじゃないか。

 

それに比べたらジェリーは、40歳になるけどいまも現役で恋愛ドラマに出ているのでうれしい。

 

どうかわってくれるのかな。

 

ということで、007俳優みたいになってほしい、という願望でした。