いろいろ雑記帳

ジェリー・イェン、ジョンフンを応援します

大草原の小さな家

 

 

 

 

大草原の小さな家』も、子供のころから観ていました。再放送か再々放送かわからないですが。

 

わくわくしながら。

 

アメリカでは水戸黄門のような存在のドラマだとどこかで読みました。

 

アメリカの原点ですよね。

 

子供だったので、「本当のこと」だと信じて観ていたところもある。

 

だけど当然のことながら「演技」してたんですよね。時代も違うし。

 

そういう勘違いって、きっとアメリカ人もするんじゃないか。いまもちょんまげ、とはさすがに思ってないかもしれないけど。

 

 

いいお父さんだと思ってたのに、マイケル・ランドン、3回も結婚してたなんてがっかりだあ、と高校生ぐらいのときに思いました。

 

ローラ・インガルス役の子は、年を取るたびにきれいになって、背も高くなって

 

あこがれてました。自分も大人になったら背が伸びてきれいになれるのかなって。

 

 

このころ、ビデオがうちに来たので、

 

副音声の英語に切り替えて、英語を聞き取ろうとしたけど

 

このころは「まったく」聞き取れなくて何を言っているのかわからなくてイライラしていました。

 

いまや台湾ドラマすら中国語で聞き取ろうとしている。

 

やってること、変わってないなーって。

 

 

これも原点ですね。

 

 

ローラのだんなさんのアルマンゾ役の声の人、二又一成さんの声が好きだったなあ。