読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いろいろ雑記帳

日々思うこと、いろいろ、生活、ドラマ、好きなもの

カサノヴァ最後の恋

 アラン・ドロンの『カサノヴァ最後の恋』。

 

アラン・ドロンは『太陽がいっぱい』で見ました。ほかにも観た映画があると思いますがいまとっさに思い出せない。

 

晩年の作品はこれしか観ていないのですが。

 

この作品、あらすじは覚えていないのですが

 

はっきり覚えていることがある。

 

若い女性には、ボーイフレンドがいて、一緒のベッドで寝ていたのですが

 

ある夜、女性がベッドを抜け出して、また自分のベッドに戻ってくるときに

 

部屋を間違えて、アラン・ドロンの部屋に入ってしまったんですね。

 

それで、カサノヴァは、ベッドに寝ている男性を自分のボーイフレンドと間違えて…

 

朝、気が付いてキャ‐‐‐‐‐、という話でしたが。

 

 

いや、気づくだろ!

 

暗くて何も見えないとしても、

 

気づくだろ!!

 

顔が見えなくても、肌でわかるだろ!!

 

声でわかるだろ!

 

ってつっこみまくりでした。

 

って、感想はこれだけです。

 

いい話だったかもしれないけど、これしか覚えていない私。