いろいろ雑記帳

ジェリー・イェン、ジョンフンを応援します

ティアモ・チョコレート 32話まで

32話まで観ました。

 

ひとこと言いたいのはジアルイ。

 

段取り悪すぎ!!なんで直前になってそんなことを言うんだあああああ。

 

もっと前もってはっきり言っておけって。

 

なにやってんだよおお。

 

ということで、ジアルイのことはこれぐらいにして。

 

 

かっこいいですねえ。

 

シーエン(ジョアンヌ・ツァン)の妹のシーホイが恋心を寄せるジェンディン。

 

ジェンディンは元極道で、そのために彼の妹をずっと苦しめている。

 

 

重荷を背負っている、憂いをたたえているような目も良い。

 

なにより背中がかっこいい。(私は背中フェチ)

 

大学生のときに図書館で、歩く後ろ姿だけをみて「この背中が好き!」と思った背中と

 

ほぼ同じでした。

 

うーん。かっこいい。

 

若い女子って、一人で不幸を背負っているような幸薄い男性を

 

「私が守ってあげなきゃ!」と思って

 

好きになってしまうことがありますよね。

 

若いと女性ホルモンが多く分泌されるし、母性本能が強いからね。

 

 

 

台湾ドラマって極道がたまに出てきます。まあ、日本のドラマでも出てきますけど。

 

 

 

狂愛龍捲風』でヴィック・チョウが演じたルー・インフォンも、元極道の、

 

テレフォンショッピング会社の社員だった。課長だったかな?

 

そしてパオロン(ケン・チュウ)が★ネタバレ注意★する相手はなんと★ネタバレ注意★!

 

ということで、ドラマだからいいけど、現実となると乗り越えられるのかなと思ってしまった。

 

長いと思っていたドラマもあと8話、ということで

 

ドラマが佳境にさしかかっています。

 

流星花園の美作のイメージしかなかったヴァネス・ウーも、

 

ここ1週間はyoutubeで動画を検索して

 

「かっこいい~」と見とれています。

 

買いますよ、買いますよ。CD。

 

震災のあった年の大晦日に、ヴァネス・ウーがこんなことになっているなんて知らなかった。

 

 

www.youtube.com