いろいろ雑記帳

いま観ている台湾ドラマ、中国語の勉強日記、いままで観たおすすめのドラマ、映画

インタビューで

過去のインタビューを見つけてしまいました。

 

ジェリー・イェン インタビュー/@ぴあ

 

ジェリーのファンだったら、知ってるよってことかもしれませんが。

 

これを読んで、ジェリー・イェンが『ダンサー・イン・ザ・ダーク』を観て

 

自分の母親を思い出した、と言っていました。

 

 

 

どういうストーリーだったか覚えていません。

 

これ、映画館で観たんですが、ど・う・し・よ・う・も・な・く

 

暗く重たいストーリーで気が滅入ってもう二度と見たくない、と思ったことは記憶している。

 

 

それを観て母を思い出すって?え?え?と思ってしまいましたが

 

トーリーは忘れているので

 

もう一回見るのは勇気がいるからあとであらすじを読むだけにしよう。。

 

あらすじも読みたくないぐらい暗い救いのない映画だったなという記憶はある。うーん。。

 

 ジェリーを見ていると、日本で言うと戦後生まれの人のような雰囲気がありますね。

 

だから、いまの日本の若い女子にはあまり受けなくて、

 

(管田将輝とか福士蒼汰みたいな人が受ける)

 

私世代だと、親世代の厳しさを思い出して、ジェリーを見ると懐かしさを感じるというのもあるかもしれないですね。