いろいろ雑記帳

ドラマ、動画を観た感想

流星雨 美作篇

美作篇も観ました。

 

うーん。つっこみどころ満載。

 

これに出ている愛紗は、芸名も愛紗、役名も愛紗ですね。

 

Marsの巻末インタビューの司会をしていました。

 

Marsのときは2004年、流星雨は2001年だから、3、4年で愛紗の中国語がすごい上達したんですね。

 

Marsのときはベラベラだったのに、流星雨ではセリフがたどたどしい。

 

台湾にきたばかりの頃だったのかな。

 

 

もう、設定がつっこみどころ満載。

 

流星花園IIもそうだったけど、なんでこんなに盗みのストーリーが多いんだ。

 

しかも、愛紗は日本人なのに、異国にまできてスリとかやるか。リスクをおかして。

 

おいおいと思ったのは、どういう設定かわからないけど、愛紗の母親役の人がバリバリの中国語を話していたこと。

 

なんで母親が流暢な中国語を話していて愛紗の中国語はあのレベルなんだ?

 

日本人の設定なのになんで母親と祖母が中国人?

 

なんで愛紗はたどたどしい中国語?

 

 

 

日本人としては、スリをする役はやってほしくなかったけど、どうしようもなかったんですかね。

 

そういう部分はありつつ、良かったのはヴァネス・ウー。

 

ヴァネス・ウーみたいな顔は、冷たそうでいままでは苦手な顔だったけど

 

(といいつつ、パク・シフが好きだったやつ。)

 

ヴァネスは性格の良さがにじみ出てて、嫌いじゃないです。

 

ついでに、ヴァネス・ウーに似てるんじゃない?という田村淳までついでにかっこよく見えてくるじゃないかー。

 

ヴァネスは、美意識が服を着て歩いてる、って感じで所作のすべてが美しいですね。

 

芸術家っぽい。

 

すべてがスマートだわ。

 

すごいわー。

 

セリフで、美作が愛紗のことを、顔が大きい、目も大きい、髪は長い、って言ってたけど、たぶん、私は愛紗より顔がでかいよね。一般人だから。

 

ヴァネスの顔が小顔過ぎるんじゃーーーー!

 

ということで、F4とは横に並びたくないですね。すごいジレンマ。そばに行きたいけど横に並びたくないという。。

 

そうだ、このブログにも書いたことがありますが、Listen to Your HeartのMVに出ていたのが愛紗ですね。

 

メイクもすごくうまくなってて、努力してきれいになったんだな。(あれ?逆に失礼?)

 

流星雨のときは、高校卒業したて!って感じの垢抜けない顔ですもんね。

 

 

violinyuri.hatenablog.com

 

それにしても、ヴァネス・ウーだって、アメリカから台湾に来て中国語はほとんど知らない状態で流星花園を撮影したのに、あの流暢さはなんなの。

 

愛紗の中国語は、演技?日本語訛りが強い中国語でしたね。口先でぼそぼそしゃべる感じが。

 

日本人は、英語もそうなんですけど、口全体を使わないで口先でぼそぼそしゃべるそうです。

 

あのあと、すんごく上達したんですね。Marsのときはネイティブかと思ったぐらいだから。

 

ちなみに愛紗のセリフ、簡単なセリフが多かったので、全部ではないですがだいたい中国語に直せました。頭の中で。私も前進してる!

 

 

 

 

それから、千田愛紗、1982年生まれの34歳ということで、と、いうことは、流星雨のときは18歳か。本当に高校卒業と同時に台湾へ、という感じだったのかな。

 

千田愛紗、話しているときはガラガラ声ですが、歌うときれいな声で、このブログにもリンクを貼りましたが、青山テルマの「そばにいるよ」の中国語バージョン、すごくいい歌でCD買ってリピしてます。

 

台湾の人と結婚されたそうですが、沖縄と台湾ってすごく近いし、文化的にも近いので、国際結婚の不安を感じさせないですね。

 

(私は日本に帰りたいーとなるから無理だけど)

 

いいなあ。

 

沖縄だと台湾に行き来しやすいし、文化が近いし、なんだかうらやましいな。

 

 

【編集後記】

なぜ役の中の愛紗の母親と祖母が流暢な中国語なのか、について。

 

先日、NHK石垣島のパイナップル農家の特集を見たのですが、石垣島には、台湾移民が2000人いるそうです。

 

名前は日本名になっているので、いまは台湾移民2世、3世となって日本人と同化していますが。

 

で、台湾から持ち込まれたパイナップルの栽培方法を石垣島でも継承している、という特集でした。

 

…知らなかった…!

 

石垣島って沖縄と台湾の中間に位置してますよね。

 

そうかそうだったのか…

 

ということで、愛沙の母と祖母が中国語、というのも、沖縄あたりの人にとっては自然なことかもしれませんね。

 

いま中国が台湾を接収しようとして、台湾と国交のある国を買収して台湾を孤立化→中国に組み入れようとしています。

 

前にもこのブログに書きましたけど、中国が台湾に接収されたら、台湾と日本の友好の歴史も「なかったこと」にされる。

 

歴史的遺産を破壊したり、教育を変えたりしてね。言論統制もあるかもしれない。

 

この間も、日本統治時代の台湾を美化している、として当時の美談を描いたドラマが放送中止になったというニュースを見ました。

 

日本統治時代のドラマが2話だけで放送中止 台湾、中国の批判に配慮か - 産経ニュース

 

中国と台湾が1つになるということは、「あったこと」も「なかったこと」にされる。または「なかったこと」も「あったことにされる」。

 

歴史改竄。

 

新幹線で事故が起きたら車体を埋めようとする民度の国だからな。なんであんなのがGDP2位になるんだと本当に不思議。こんな国が世界一になっていいわけはない。と強く思っています。

 

話が飛びました。

 

ということで、もし台湾が中国の一部に組み入れられたら、台湾(つまり中国)と石垣島の間も緊張感が高まって

 

もしかしたら軍事侵攻もされてしまうのかな、もしかして沖縄も狙ってるのかな、と心配になったという余談?でした。

 

いちおうこの懸念を書き留めておきます。 

 

わりと真面目に、石垣島の近くの無人島か、人口の少ない島をまるまる米軍基地にして、

 

沖縄になる米軍基地は撤退すればいいんじゃないかと思います。そうすれば小学校にプロペラの破片が落ちるとかの心配がなくなる。米兵に襲われる女性がいなくなる。

 

島まるごと米軍基地にすればいいって前から思ってたんですけどね。沖縄に遊びに行きたいときはIDを提示して何かったら割り出せるようにすればいい。

 

その島自体、米兵がオフのときに息抜きできるように新たに飲食店を出店したら活気が出るかも知れないし。

 

って考えているんですがどうでしょう。