いろいろ雑記帳

ドラマ、動画を観た感想

恋愛兵法 18話まで

あっという間にDVD Box II、あと1枚で終わり、というところまで来てしまいました。

 

早いー。

 

早くIIIを買わねば。

 

ザ・ホスピタル』と違い、気楽に観ることができていい。

 

 

それにしても、あのタン先生が、こんな気のいいおっちゃんになってくれるなんて

 

うれしい。

 

役だけど、○○○も治ったみたいだし(役だけど)

 

元気な姿を見れてうれしい。

 

 

全編にわたってJohn-Hoonに癒されてます。

 

John-Hoonの笑顔最高。

 

ビビアンもかわいいし。

 

顔も小さいし。

 

ビビアンは1975年生まれ、John-Hoonは1980年生まれですが

 

設定上はJohn-Hoonよりビビアンが年下の役です。

 

『恋愛兵法』のときは、ビビアンが32歳、John-Hoonが27歳か。あれ、27歳?そうだったっけ。

 

じゃあ、入隊したのが2009年なので29歳のときだったのかな。恋愛兵法の2年後?

 

30歳過ぎて入隊したと思ってたけど。数えで覚えていたのかもしれない。

 

 

 

で、ミンミン役のチェン・ズーハン。

 

ウィキペディアで調べようと思ったら載っていませんでした。

 

出演作品を調べようと思ったのに。

 

あれだけの美貌と演技力だから、『恋愛兵法』に出るというチョイスで良かったのかな、とちょっと思ったりして。

 

ちょっとふざけたストーリーなんでね。『恋愛兵法』は。おもしろいけど。

 

恋愛に「孫子の兵法」を無理矢理当てはめて、大の大人がおおまじめに策略を練ってるところが

 

うーーーん、、、となるんですが。

 

それでも、チェン・ズーハンの美貌と演技力は引き立っているので

 

これがきっかけで次につながったのならそれでいい。

 

『君には絶対恋してない』クラスのシリアスな演技が求められる作品だったらいいのに

 

恋愛兵法では、みんなをかきまわすわがままな女優役なんで。

 

あ、でもホイファンも似たような役だったか。

 

 

恋愛兵法も、もしかするとチェン・ズーハンの声は吹き替えなんでしょうか。

 

中国出身の女優なのに中国ドラマで吹き替え、ってあるんだろうか。

 

なんか口と声が合ってません。

 

John-Hoonのアフレコが聞きたいので、基本、日本語音声で聞いているんですが

 

たまに中国語で聞くと、なんか口と声が合ってない。

 

なぜーーーー。