いろいろ雑記帳

ドラマ、動画を観た感想

彼女の神話 最終回まで

止まらなくなってイッキに最終回まで観てしまった…

 

おもしろかった!

 

まあ、でも王道の韓国ドラマで、

 

これまでのドラマの流用が7、新しいところが3、ってところかなと思いました。

 

展開が読めるー。

 

予想通りに展開するので安心して観れるドラマともいえる。

 

ジョンフンって、日本で歌手活動してたときや、『宮』のときは、

 

クールで、いつも余裕があって、そんなに感情的じゃなくて、

 

というイメージだったけど

 

このドラマでは役の上だけど取り乱してて意外だった。


だーかーらー、演技だ、って。

 

このドラマではギョンヒが一番、演じ甲斐のあるおいしい役だったんじゃないでしょうか。

 

それにしても、ギョンヒ役の女優さんは

 

毎回、服がかわいい。

 

顔も小さいし!

 

エンディングでは普通に共演者と笑ってるので

 

「あ、意地悪じゃないんだー」ってはっと現実に戻る。(当たり前だって。あれは演技だって)

 

やっぱり、ミンギ室長がこのドラマで一番、好きだなあ。

 

絶対にジヌよりミンギ室長の方がかっこいいでしょ。

 

ってごめんね、ジョンフン~。

 

私は別に、マッチョは好きじゃないんだけど

 

ミンギ室長は細マッチョで、優しいし、かっこいいし、

 

友達を裏切らないし、欲深くないし、で一番、人格がまともだった。

 

ジヌはかっこいい役じゃないですよね。前半は俺様だし、後半はフラフラしてしまうところもあったし。

 

 

このドラマの諸悪の根源は、伯母もそうだけど、実は伯父でしょう。

 

あの人が甲斐性なしで、発言権がなくて、お人よしで、人に流されるから

 

ギョンヒも、伯母さんも変な方向に行くんだろうがーーーって。

 

家の中で、ストレスは一番、立場が弱いものに向くからね。

 

だからジョンスがいじめられたんだよー。

 

ああいうのを機能不全家庭という。実母にひいきされていたギョンヒでも

 

やっぱりああいう家から逃げたくなるんでしょうか。

 

ちょっとそこがよくわからない。ドラマでは描ききれないギョンヒの苦悩があるのかな。

 

養母にことあるごとにきつく当たられるジュンスと比べるとましな環境じゃない?

 

高校卒業して人生、いくらでも自分で変えていける、って時にどうして無理のある生き方を選ぶのかわからない。そこがドラマですね。

 

 

 

今回、ジョンフンは、これまでの役より大人の役を演じた。

 

前まではちょっと子供っぽいところがある役だったのに。

 

さすがに30代半ばになると大人っぽくなるのね。

 

キスシーンもあったし。落ち着いたところがあってどっしり(体型も?)してました。

 

ときおり情熱的なジョンフンが新鮮。

 

でもねー、ジョンフンのキスはなんか理系な感じがする。

 

どういう意味っ。

 

キスシーンに関しては、ジェリー・イェンの圧勝です!

 

ジェリーのキスシーンは、「演技」じゃなくて、

 

なんていうんですかねー、

 

見てるほうも「ほわーーーー(惚)素敵だわーーーーー」っとなるんですよ。最高。

 

 

それにしても、『彼女の神話』、前半が軽いのに後半シリアスでしたが、こういう展開は韓国ドラマでは定番。

 

 

ジョンフンの場合、ジメジメしたのじゃなくてコメディがもっと見たい。

 


このドラマの涙の演技で、あ、ジョンフンてそういえば韓国人だった、と思い出しました。

 

日本語の歌を歌ってるときは日本人と間違えるぐらい発音がうまいのですが。

 

だけど、このドラマの中では韓国人だったんだー、ジョンフン、と思った(生まれたときからそうだって)

 

そういえば、ドラマの中で、ジヌがお見合いをするシーンで

 

早くお見合いを切り上げようとして

 

ギョンヒが日本人のふりして日本語で話しかけてくるのに対してジヌも日本語で答えるシーンがあったのですが

 

「あれ、ジョンフン、久しぶりだからか?日本語のイントネーションが変?

 

まるで韓国人の訛りみたいだよ!」

 

ってジョンフンは韓国人だって。

 

わざと下手にしゃべってるのかな?と思いましたが、やっぱり兵役の間に日本語を忘れたのかもしれませんね。

 

 

と、いうことで、定番の!韓国ドラマでした。

 

『神話』と『威風堂々な彼女』を彷彿とさせるシーンがところどころに。どこかで見た展開だなーという感じ。既存のドラマの焼き直し的なドラマ。

 

それに、舞台が『アイドゥ・アイドゥ』を彷彿とさせる。『アイドゥ~』では靴でしたけど、『彼女の神話』では鞄ということで。

 

それに、ジョンフンが加わって、定番のドロドロした韓国ドラマがさわやかになる。

 

鶏のからあげにレモン的な存在でした。

 

ドロドロのドラマに染まってほしくないなーー。ジョンフン。この先、どういうドラマに出るんだろう。

 

まあ、本人の意思が大事ですけど。

 

ファンとしてはドロドロのドラマじゃなく笑顔が見たい。

 

人によっては、この人メロドラマ向きだな(どういう意味)と思う人もいるんですが

 

ジョンフンはそうじゃない。

 

メソメソ、じとじとしたドラマに出てほしくないなー。

 

 

今回、せっかく数学が得意な人の役だったのに

 

その頭脳明晰さが仕事にはそんなに生かされてない感じだったので

 

(けっこうぐだぐだの役。あの頭の良さを仕事に生かせよー、恋愛に生かせよーって)

 

天才の役をやってみてほしいな。冷徹な。ヒョンビンの『雪の女王』みたいな天才数学者の役を観たいな。あれはすごいラストが悲しかったような気がするけど。