いろいろ雑記帳

ジェリー・イェン、ジョンフンを応援します

愛の贈りもの 1話

ジョンフンが出ているから観た『愛の贈りもの』。

 

でも…

 

 

テンポ悪っ!

 

ジョンフンの出番少な!

 

ジョンフンは1話を観たかぎりではメインキャストじゃないです。

 

脇役ってやつ。

 

でもあとで重要な役に変わるかも?

 

観ないとわかりませんけど。

 

テンポが悪いなと思ってちゃんと全部観なくて

 

ジョンフンが出ているところまでとばして観ましたが

 

ジョンフンの出番は少ないです。

 

このドラマのパボオンマってだれのことを言うんでしょうか。

 

まだわからない。

 

観ているとあとでわかるのかな。

 

雑誌の編集長をしている女性がパボオンマなのかしら。

 

それともその姉のこと?でもこの人には子供がいないから

 

やっぱりこの女性編集長がパボオンマなんでしょうかね。

 

パボとは真逆な、バリキャリの頭よさそうな女性です。

 

でも、気ばかり強くて、他人につっかかってばかりでいわゆる疲れる女。

 

なにかいわくがありそうですけど。

 

ジョンフンはそういう鎧で身を固めた女性の心をほぐす役なのかな。

 

 

韓国ドラマ『愛の贈りもの~My Blessed Mom~』あらすじ/キャスト | 日本放送情報 - KNTV

 

~っと勝手な想像でいろいろ書いてしまいましたが、やっぱりパボオンマはこの知的障害がある姉のことのようです。

 

あらすじを読んでみると。

 

知的障害がある役というのも、あらすじをあらためて読んで初めて知りました。

 

でも勇気があるわね、知的障害があるこの姉のことをパボと呼ぶとは。

 

でもきっと何か深い理由があるんですよね。

 

 

 

このドラマ、女性編集長の実家があるところが、山の中のど田舎なのですが

 

この土地の訛りが、『威風堂々な彼女』のときの訛りと同じかな?と思いました。

 

威風堂々な彼女』の訛りは慶尚道訛りだそうです。

 

そういえばジョンフンは釜山出身だけど、ジョンフンの訛りもきいてみたいなあ。聞いたことがない。

 

いま調べてみたら、釜山は現在、釜山広域市に属して道には属さないけど

 

かつては慶尚道慶尚南道)に属していた、ということです。韓国通の方はすでにご存じだと思いますけど。

 

だから、『威風堂々な彼女』の訛りとジョンフンの故郷の訛りは近い、ということなんですよね。

 

カン・ドンウォン慶尚南道の訛りで、『威風堂々な彼女』のときはカン・ドンウォンは出身地の訛りでセリフを言ったとどこかで読んだことがある。

 

音がマイナー(短調)ですよね。この訛り。ってこのたとえでいいのか。

 

 

あ、そうだ、このドラマ、『神話』に出てきた俳優さん、『天国の階段』に出ていた俳優さんが出ています。(プロフィールをリンクさせていただきました)

 

kdrama.fc2web.com

 

www.wowkorea.jp

 

私は久しぶりに観ました。ほかのドラマには出ていたのかな?私、あんまりドラマ見ないからほんとに10年ぶりぐらいに観ました。

 

この俳優さんたち。

 

とにかく、1話というのは、ドラマだとテンポが悪いものがありますよね。

 

で、挫折しかけて我慢して観ていると、だんだん面白くなったり、

 

本当に無理で挫折しちゃったり、に分かれる。

 

このドラマはどっちなんでしょうか。

 

この女編集長の鼻っ柱が強すぎてなんか観ていて疲れるんで

 

挫折しそうです。ほかに観たいと思うような要素が1話では見当たらなかった。

 

ジョンフンの出番も少ないし。

 

ということで、これから全話見るかどうかちょっと迷うような感じです。

 

営業妨害っ

 

でも、ジェリーの『最高の元カレ』は6話から面白くなってきたので

 

あきらめずに観てみようかと思います。