いろいろ雑記帳

ドラマ、動画を観た感想

ファンになってしまった

私って気が多すぎないか。

 

セカオワ聴いてたら家族に「(実年齢の割に)若いね」って言われてしまったわ。

 

 

ヒカキンとセカオワのコラボを見ていたら、セカオワyoutubeでMVを公開しているんですね。

 

sekainoowarijpはyoutubeの公式アカウントだそうです。

  

で、ヒカキンとのコラボを見てからセカオワの動画を見始めたのですが、セカオワって

 

天才か!!!!

 

確かに、平昌オリンピックのときの「サザンカ」はいい曲だと思った。

 

え、これってセカオワ?って思うぐらい、いままでのセカオワとは違った印象を受けて心に残っていた。

 

で、1つ見るとどんどん表示されるので観ていたら深瀬さんってすごい才能ある人なんだなと思って

 

セカオワってすごいなと思ってしまった。まあ、曲は深瀬さんとSaoriさんの合作が多いようですが。あとギターの人も。

 

しかもね、深瀬さんって見た目がきれいだし。見た目がきれいで声が透明で歌がうまいって最高ですね。

 

天使の生まれ変わりかっって言いたくなったわ。

 

すみませんー、見た目がゴスロリのようなファッションだから、歌もきっとファンタジーな歌詞なんだろうなって思ってて、最初の頃は興味ありませんでした。

 

でも実際に聴いてみるとそうじゃなくて地に足ついてて深い歌詞。

 

深瀬さん、ウィキペディアを読みましたけど。セカオワの世界観がなんとなく気味悪く感じるのは深瀬さんが何か見てきたからかもしれない。

 

Saoriさんもそうみたいですけど。

 

生と死のはざまというか。ピエロというのもそういう世界の象徴なんじゃないかな。

 

何も知らない私が想像でものを言っています。

 

 

 

で、私が好きな曲ランキング~

 

第1位

www.youtube.com

これ、仕事中に流していて、聞いたとき英語圏の女性ボーカルが歌ってるんだと思ったけどセカオワだった。声がきれいすぎる~。

これを聞いてセカオワは天才かと思ってしまった。この曲の作詞はSaoriさんだそうです。

 

matome.naver.jp

 

いまこのブログを書こうとしてSOSのMVの意味を調べました。

そういうことだったのか…。

セカオワって中二病とか言われてますよね。自分もいい年こいてるのにセカオワにはまってしまっていますが。自分も親が毒親で私はSOSを出す側だったんですね。でも家族も学校の先生も同級生もだれも気にとめてくれなかった。この年齢で中二病っていうのもおかしいけど、思春期に病んだことがあると、あとで立ち直ったとしても心の中にその記憶は残る。記憶喪失にでもならない限り消えない。だからいくつになってもセカオワの歌詞も響いてしまうんだな。

 

ということで、この『SOS』という直球のタイトルにもズキュンと来ました。抱えている闇が自分と似ているからセカオワの歌詞が響くのかもしれません。

 

MVも映像も、意味がわからないながらなんか心にぐっときたし。で、解説を読んでさらに納得。

 

あれ、Saoriさんって天才か?

深瀬さんも天才だけどSaoriさんも天才ですね。同志のような関係なんでしょうか。

SOSは曲がきれいですね。

 

 

第2位

www.youtube.com

これ今日ヘビロテしてました。

 

歌詞のことあまり知らずにキャッチーなメロディーで聴いていましたが、歌詞を読んでいくとここにも「SOS」が。で、Yahoo知恵袋で検索してみたら下記のような回答を見つけました。

 

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp


動物殺処分ゼロプロジェクト「ブレーメン」の支援シングルだったんですね。

この知恵袋の回答をしてくださった方も洞察が深い。

私は猫愛護団体で、捨て猫にえさをあげたりする活動をちょっとやったことがあるんですね。事情でやめてしまいましたけど。ずっとやり続けるって難しいですね。ああいうところから直接猫や犬をもらってくれる人が増えたらいいんですが、なかなか。

 

私もねー、こういうところで細々とえさをあげて世話するだけじゃなく、猫カフェのようなところで、引き取りたい人がいたら引き取ってもらうような場所を作りたいな、とか考えているんですよね。猫愛護団体って奥まったところにあって「行こう」と思わないと行かないようなところにあるから。看板もないですし。アピール不足なんですよね。こういう猫をもっと人目につくところに出してアピールしていきたいです。あれ、セカオワから脱線。

 

知恵袋の回答が深かったのでもうちょっといろいろ考えてみたいと思います。単に捨てられる動物のSOSを聞きなさい、っていう内容じゃないみたいなので。

読み込みが足りない…もうちょっとお待ちください。

 

 

第3位

www.youtube.com

 

平昌オリンピックのときからいい曲だと思ってた。歌詞が感動的。

この歌詞で泣きそうになるのは自分だけではないはず。日本中の頑張ってる人がこの歌詞でぐっとくるはず。

若いのにこういう詞が書けるというのは、いつも光が当たる人では無理なことだと思う。裏側の暗い部分を知っているから書けることだと思う。

 

若いときには「まだまだ先があるから」ってどんな状況にあっても希望をもっていられたけど、年を取るとだんだん自分の首がしまってきて、頑張っても頑張っても「あれ、もしかして自分はこれを乗り越えて幸せになれないのかも」という不安が頭をもたげてくる。人生の残り時間を意識するようになる。

そしていままで自分が頑張ってきた耐えてきた長い年月の重みを考えて。ってそういう年月の重みを感じて、この曲を若いときに聴いていたらいまほど感じるものはなかったんだろうなと思う。年をとっているからこその重みってありますね。重みを感じるというのはそういうものなのに、若い人がこういう歌詞を書けるというのがやはり天才かと思った。

最近ねー、こういうことあるんですよね。車のラジオで流れてきた「終わりなき旅」で涙が出てきちゃったりとかね。運転中に。あぶないあぶない。車の中で名曲聴いちゃダメですね。

 

第4位


SEKAI NO OWARI「Mr.Heartache」

この曲もいいですねー。詞が特にいいですけどアレンジもいい。いまダウンロードしようと思って探したらない!で、調べたらこの曲はCD化されてないんですね。どうしてー。と、いうことで公式youtubeアカウントで聴いてます。。

…ってYouTubeの概要欄を見ていたらSpotifyiTunesではダウンロードできるみたいですね。iTunesユーザーではないんですが… 

 

4位まであげましたが、もうね、あとは「スターライト パレード」とか「Dragon Night」とか、おなじみの名曲でだれでも知っていると思いますけど。

 

忘れてはいけない、ヒカキンとのコラボ

www.youtube.com

深瀬さんの曲はもともと素敵なんですけど、

ヒカキンがそこにいると、そこに人間味と温かさが加わって

なんか深瀬さんのアンティーク人形のような完璧さと冷たさに人間くささが加わって

感動的になる感じがします。

この動画にはまった次の日、ポータブルプレイヤーで聴いててて(iPodじゃないやつ)

1日ずっとこの世界に浸ってました。資格試験の日だったんですけど、休憩時間にずっと聴いてました。

 

ヒカキンさんのおかげでこんな名曲に出会えてうれしい。

 

最近、日本の音楽のレベルがだだ下がりだと思ってあんまり聴いてないんですけど

 

良質な音楽というのはテレビじゃないところにはたくさんあるんだなと思った。

 

テレビに頻繁に出ているアイドルの歌唱力が下がっているだけで、いい歌手というのはいるんだな。昔から聴いてた曲とか洋楽ばっかり聞いてたわ。器楽曲とか。

 

ああ、日本にもこんなところにいい歌があるんだと知ってうれしかった。ほんとに。

 

今さらっ

 

【編集後記】

 

と、いうことでセカオワのCDをまとめ買いしました。歌詞カードとかほしいときはダウンロードだけじゃなくCDも買う。

 

でもCDじゃなくてMVが観たい、っていうのはあるじゃないですか。

 

MVだけまとめてあるDVDってないんでしょうか。ほしいなあ。

 

…ってよく考えたら最近はダウンロードサイトで1曲ずつダウンロードできますよね。YouTubeでしか見れなかったりするのありますけど。