いろいろ雑記帳

ドラマ、動画を観た感想

Youtubeの字幕作成に協力

アクセス解析でこの記事へのアクセスが多いので、内容を加筆修正しました。

 

ちょいちょい前の動画に書いていますが、ボランティアでYoutubeの字幕作成に協力しています。

 

でも楽しい。

 

と、いうことで、ボランティアではありますが、自分が好きな動画に日本語字幕と英語字幕をつけています。

 

でもですねー、私が字幕つけてる動画作成主って特に字幕の設定してないんじゃないかなー。投稿してから2週間たっても何もこない。字幕の設定何もしてないのかなー。勝手に字幕投稿しちゃってますけどいいのかな。

 

→あとでメールきました。というよりYoutube自体からくるみたいですね。

 

→これ、「クレジット」にチェックを入れて自分のチャンネルが公開される設定にした人だけに送信されるお知らせメールのようです。自分のチャンネルがない人はチェックしても意味がないそうなので、私はチェックを外したんですが、そうしたらメールも来なくなりました。完全に「匿名」ってことですね。

 

 

私が翻訳した動画は字幕協力の人が少なすぎて公開までいかないのかもしれない。英語字幕が出てるの見たことないし。

 

なんか今朝、一瞬Youtubeのデザインが変わったみたいなんですけど、(追記:8/22は元に戻ってました)

「クリエイターズツール」で「協力」のタブを見るとちょいちょいいるんですけどね。動画の字幕をつけている人。主に日本語字幕と中国語字幕。で、審査待ちの動画がランダムに表示される。私も、ほかの方の字幕をチェックしたりしています。

 

おもしろいんですよ。他の人の誤字とか見つけるの。なんか、日本語字幕をつけてるのも日本人じゃないっぽいんですよ。で、日本人だったら絶対にしないような誤字があって。そういうのを見つけるのが宝探しのようで面白いんですよね。だいたい完璧なのに、何カ所か誤字ってるとちょっとうれしい。

 

いま「協力」タブに表示されてるのが、日本語から中国語なんで、ネイティブチェックできねーーー!って感じで放置状態です。この動画は他の人にもランダムに表示されてて、「やりたい」と思った人がチェックする、って感じみたいです。

 

自動生成される翻訳も「とんでも字幕」ができてて面白い。で、いま資格取得の課題とかあって

 

仕事もあってちょっと時間がないのに、こういうときに限って「字幕作成やりたいわーーーー」ってなって目を赤くしてパソコンに向かっています。

 

と、いうことで、Youtubeでは何人かの審査を経ないと公開されない、ってことなので、自分も画面右上のユーザーアイコンをクリックすると選択できる「クリエイターズツール」を開いて、他の人の動画の字幕をせっせと修正したり確認したりしています。そうすれば、相乗効果で自分の字幕もだれかチェックしてくれるかもしれない。

 

ってことで、審査する人、気づいて~、という感じです。

 

【編集後記】

アクセス解析をみて、この記事に飛んできてくださる方がいるようですので、YouTubeで翻訳したいけどどこから手を付けたらいいのかわからない、という方に向けてちょっと書きます。

詳しくはYouTubeのヘルプとフィードバックをご覧ください。

 

YouTubeのホーム画面の右上に、自分のアイコンが表示されていますが、そこをクリックすると[クリエイター ツール]と出ると思います。

そこの、左側のサイドバーの一番下に[自作の字幕]というメニューがあるのでそこをクリックすると、もし自分が字幕を投稿したことがあればここにずらっと表示されます。でもまだ投稿したことがないとき、前は[協力]タブというのがあって、そこにランダムに確認待ち、審査待ちの動画がリストされていたんですけど、なんかデザインが変わったみたいで、いまは[協力]タブはなくなったようです。

 

なので、自分がそれぞれ翻訳したいと思う動画を探してきて、そこの動画の右下の歯車アイコンから、[字幕]→[字幕を追加]→訳したい言語を選択、とすると翻訳する画面が表示されます。そこから翻訳をスタートします。

 

翻訳が終わって投稿すると、ほかの視聴者さんが訳した確認、承認待ちの動画が表示されるので、心の余裕があればそれをやってもいいと思いますし、興味がなければ自分が好きな動画をどこかから見つけて来て、上に書いたような手順で翻訳するといいと思います。

 

自分が翻訳してて思うのは、投稿した字幕がいつ公開されるか、っていうことなんですけど、最速で10分ぐらいでトントントンっといったことがあります。「え?もう?」って感じでしたがタイミングなんですかね。

だれにも修正されないで、ほかの視聴者さんにOK, OK, OK,ってなると意外と早く公開されるのかもしれません。

 

問題なのは、自分でよくやるんですが、自分で訳した動画を後でまたダウンロードして修正して投稿し直す、っていうやつなんですけど、こうするとなんか競合状態になるみたいで、いくらまっても公開されない。

 

そういうことがないように、もしあとで修正するかもしれないときは投稿しないで[終了]を押して下書きに保存する。または、投稿するときに聞かれる、審査を受ける準備ができましたか?という質問に[いいえ]を選ぶといいと思います。そうすると、自分で何回修正しても大丈夫っぽい。それで、完璧だ!となったら、[はい]を選んで投稿すると、次のステップに送られてほかの視聴者さんによる確認、審査の工程に入ります。

 

※もし自分は時間がないから途中まで、という場合でもこれを[いいえ]にすると、ほかの人が引き継いで字幕作成できます。[はい]にすると競合状態になるっぽい

 

編集画面を開いたときに、「最新の画面が表示されています」と出たらだれとも競合してなくて、この状態で[問題なし]を押すとトントンと行く気がします。

 

「ほかの人が開いている可能性があります」と出たら競合状態になっているようです。競合状態の場合、[問題なし]を押してOKを出しても次の工程にいかなくてペンディング→何カ月か放置、ってるような気がしますがどうなんでしょうか。競合状態でこっちが直しても一向に公開されないって気はしました。→そういう場合、[自分の翻訳を削除]でいったん、自分と動画のつながりだけをリセットして様子を見る(翻訳はYouTube上に残ります)

 

前に、アリアナ・グランデさんとヒカキンさんのコラボ動画を開いたら、英語の部分だけ完璧で日本語の部分が空白な動画がありました。こんな風に、自分ができる言語の部分だけ翻訳して、ほかの人が残りを引き継ぐ、ということもできるみたいです。→字幕公開済み

 

問題なのは、「ほかの人に審査してもらう準備はできましたか?」を[はい]にして投稿して、そのあと修正して、投稿し直すとなんだか競合状態になって一向に公開されないっぽい、というのは感じました。1カ月以上放置状態。どうなってるのか仕様はよくわかりませんが。

 

で、上に書いたように、もしかしてほかの人がさわって競合状態になってる場合もあるかもしれないんですが、自分で自分の字幕をさわってて、それを「競合状態」と認識されているのかも?という場合は、[自作の字幕を削除]とすると翻訳はそのまま残って自分のユーザー名と動画とのつながりだけが消えるんで、いったん、競合状態はリセットされるっぽいです。リセットしてから改めて投稿すると、のちのち公開されたり、まあ運によるんですがされなかったりでずっと放置状態ですけど。

 

なんか、歯車アイコンから言語を選んで「さあ、これ翻訳するぞー」と思って開くんですけど、すでに訳が入ってることがたまにあるんですね。下書き状態で。でも公開されない。

なんで公開されないのか、それはその字幕によって違うと思うんですけどね。だれもチェックする人がいない、とか。それともさっき書いたみたいに、だれかとだれかが編集中で競合状態だからいっこうに公開されないのか。っていうこともあります。

 

(または、自分が投稿したときに表示される「字幕作成にご協力ください」の確認、審査依頼の画面にうまい具合に表示されなくて埋もれる、というケースもあるかもしれません。または表示されてもだれかにスルーされてずっと放置、とかね。これも、自分が投稿したのと同じ系統、同じ審査段階の動画が「協力ください」画面に表示されるみたいなんですけどね。これもランダムに選ばれてるんでしょうか。ちょうどチェックしてくれる、自分が投稿した動画に興味がある人に表示されたらラッキー、って感じなんだと思います。)

 

そういうのを見つけたとき、自分も[問題なし]をポチっと押すんですがそれでも公開されないこともあるんで、なかなか、先は長いかなって気がします。

 

あと、ヘルプを見ると、アイコンをみればその字幕で作業している人が何人いるかわかる、という人の形をしたアイコンがあるんですが、そのアイコン、私は見たことがありません。自分しか作業してないってことなのかな?なので、このアイコンが表示された場合は、やはり競合状態になりやすいから避けたほうがいい、ということのようです。

 

また言わずもがななんですが、人気のある動画だと上に書いたように翻訳を投稿して10分後にもう公開されてる、ってこともあるのですが、あまり人が見ていないだろうなーという動画は何日、何週間待ってもそのまま~お蔵入り~塩漬け~ってことになります。

私は自己満足でやってるので公開されなくてもガシガシ興味のある動画だけ翻訳しちゃってますが。で、放置状態…

 

公開されるのを目指す場合は人気のある動画を選ぶ、または自分が投稿したあと、効率よくだれかにチェックしてもらうように頼むと、もしかしたらスイスイ行くのかもしれません。