いろいろ雑記帳

ドラマ、動画を観た感想

ロマンスが必要 最終回まで

…面白かった!

 

私は結末は書かない主義なので

 

このブログを見にきた意味がーとなるかもしれませんが。

 

このテンションだけ読み取っていただければ。

 

 

最初はどうしようもない男だったキム・ソンスも、後半は

 

素のジョンフンに近づいてきました。ストーリーは書きませんけれども。

 

これぐらいならプレイボーイ役のジョンフンにも耐えられるー。

 

 

個人的には、弁護士のカン・ヒョンジュと卓球クラブ経営のキム・ドクスの恋愛が好きでした。

 

でもねー、キム・ドクス(キム・ヒョンミン)、素でかっこよくて知的に見えるから

 

がさつで本も読まないような人で学歴もなくてお金もなくて、という人に見えなかったよ。

 

ふつうにかっこいいもん。素敵だし。一目ぼれするレベルですよね。カン・ヒョンジュが避けるようなタイプに見えない。

 

 

キム・ソンス(キム・ジョンフン)も、イニョンの気持ちも考えずに

 

男の本能だからって浮気しちゃうような、がさつな、女心に無頓着な嫌なやつには見えなかったなー。

 

ジョンフンが演じるといやらしく見えなくて、なにしてもさわやかに見えるんで

 

やってることが浮気でも嫌悪感がわかない。

 

だからこの配役がまわってきたんでしょうねー。お茶の間(韓国ではなんという?)受けしそうでした。

 

 

うん、でもジョンフンの数々のキスシーンは見るのがつらかったよ。

 

『TOWA』で言ってた、ジョンフンのキスシーンはどうですか、という質問でファンが「いやだ」と言っていたけど

 

これのことなんですね。たぶん。

 

ところで、ジェリー・イェンだと、キスシーンはこっちもビリビリするぐらい、演技じゃなく本当に相手のこと好きなんだなーって感じが伝わってきますが

 

ジョンフンのキスシーンってそこまで入り込んでないというか。

 

だからキスシーンは乱発してましたけどまったくビリビリきませんでした(ってこれは営業妨害?)

 

お茶の間的にはオーケーですが。

 

どっちにしてもジョンフンのキスシーンはあんま観たくない。

 

 

軽薄なドラマなんだろう、セックス・アンド・ザ・シティみたいな乱れたドラマなんだろうと思って観るのを避けていましたが

 

けっこう真面目なところもあっていいドラマでした。

 

 

 

ホテリアーの後輩、実はホテルの後継者のソンヒョンが

 

思いのほか、かっこよかった。役も誠実な役だし。いい演技でした。

 

歌もうまいしね。顔だけじゃなく歌声までピ(Rain)みたいで。

 

まさかの!ジョンフンも歌手なのに、ジョンフンも顔負けの歌のうまさでした。タイプが全く違いますけど。

 

 

脚本も「ん?」となるところがなくて最初から最後まで良かったです。

 

 

 

あ、日本人客のびんたはちょっと「ん?」となりましたけどね、そういえば。

 

日本を巻き込んでくるけどさらっと日本のイメージを下げるような描写があるのが気になった。

 

 

また、ドラマの中で、ソンヒョンの婚約者が東京航空の娘で、在日韓国人という設定でした。

 

日本からめてくるねー。

 

最初、東京航空、と聞いたときに日本にはチェ・ユンソみたいな美人はそんなにいないかもー、と思ったけど

 

在日韓国人の役ということで納得でした。

 

こういう顔立ち、あんまりいませんよね。日本人には。クールで大人っぽい顔立ち。三吉彩花に似ている。

 

ということで、最終回についてはどうなったか書きませんが

 

最後まで観た感想はいいドラマでした、ということで。